「【落語】たらちね」と「am/pmの店長さん」

落語の前座話にたらちね(垂乳根)という話がある♪
これは、職人の八五郎がひょんな事から、器量は人並みに優れてるが言葉が丁寧過ぎるカミさんをもらう(>з<)

このカミさん、名前を清女(きよじょ)というんだけど、言葉が丁寧過ぎる為に、自分の名前を名乗る時も
自らことの姓名を問い給うか。そもそも我が父はもと京都の産にして、姓は安藤、名は慶三、字(あざな)は五光、母は千代女と申せしが、母三十三歳の折、ある夜丹頂の鶴を夢見て わらわをはらめるがゆえ、たらちねの胎内を 出(い)でしその時は、鶴女鶴女と申せしが、それは幼名、成長ののちこれを改め清女と申し侍(はべ)るなりぃ~。
と自分の生い立ちからキチンと言う(笑)学が無い熊五郎は、これ全部を名前と思ってしまったり、自分のカミさんから「あ~ら、我がきみ、あ~ら、我がきみ」と呼ばれたりといった滑稽話だ♪

オイラの自宅から一番近いam/pmにいつもいる店長のおばさん。この人にレジされる度にいつもこのたらちねを思い出してしまう…。

はぁ~い、お待ちのお客様、こちらでどうぞ。大変お待たせ致しました。こちら3点合計で830円になります。こちらのお弁当は温めますか?はぁ~い、畏まりました。ソースは別でお付けいたしますね?お箸は一膳だけでよろしいですか?はぁ~い畏まりました。こちら袋は温かい物と冷たい物は別に致しますか?はぁ~い、恐れ入ります畏まりました。では、5000円からお預かりします。細かい方は宜しいですか?ではまず、大きい方4000円のお返しと今から小さい方の170円お返しいたします。こちら大変お熱くなっておりますので、気を付けてお持ちくださいませ。レシートはよろしいですか?はぁ~い、畏まりました。雨が降っておりますので足元に気を付けていってらっしゃいませぇ~。

最初、あまりの丁寧さに小バカにされてるのかな~と思ったが…毎朝のコトなのですっかりなれてしまった…(笑)。しかし、あのおばちゃん…。あれで名前も清女だったら…(笑)
[PR]

by tamateboxgold | 2006-04-07 13:53 | 東京生活 (2005.5〜)

<< 「散る桜、残る桜も散る桜…」と... 「The 酒まみれの一日【後編... >>