<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ネイティブから盗む英会話講座 vol.5」

どうも。食パンとベーコンは厚切りであればある程ウマい。昔、山崎デイリーストアで、パン一斤を特別に4枚切りして貰った時のウマさが忘れられないTAMATEBOXです♪(>ε<)...異論・反論は一切認めません!!笑。

さて、今回はネイティブから盗む英会話講座の第5段です。今回も独断と偏見で、使える表現をシチュエーション中心に紹介していきたいと思います。まずは恒例の日常会話でよく耳にする簡単でおさらいしておきたい表現から。

1.「How come?(ハウ・カム?)
意味はどうして?です。それではWhyとの違いはというと、How comeの後はWhyの様に疑問文の語順にならずに普通の文(主語+動詞)が続きます。つまりちょっと疑問に思ってる時に、とりあえずHow comeって言ってから言いたい事を続けて最後に?マークを付けてみましょう。

How come you don't like Miso Ramen? (なんで味噌ラーメンが嫌いなの?)
How come my computer doesn't work today?(なんで今日はパソコンが動かないんだ?)


2.「(What) the hell~ (ワッツ・ザ・ヘル~)
Hellは本来、地獄という意味ですが、Whatなんかの後に続くと強調になり意味はなんじゃこりゃ?になります。文章の中に挟む感じです。では例文でWhat is this? (何これ?)とWhat is going on?(何が起こってるの?)を例に取ってみましょう。

まずは予期せぬ請求書などが届いた場合を仮定。子供が親に持たされてる携帯の請求額の金額によっても使い分けれそうです!笑。

What is this? (何だこれ?)
携帯代が数万円を超えていた場合などになると
What the hell is this? (なんじゃこりゃ?)
さらに強調し、言葉を汚くなるとhellに変わって、例のアイツの登場です。
What the fu*k is this? (一体、なんじゃこりゃーーー○△■※ーーーー!!!!!!!!!)

息子が自分の部屋でパーティーをしていて何か物音がして、親が様子を見に来るシチュエーション。最初は

What is going on?(何が起こってるんだ?)
さらに激しい物音がしたり、パーティーが深夜まで騒がしいままだったりしたら
What the hell is going on?(オイ!何が起こってるじゃー!)
さらに銃声でも聞こえようなもんなら、、、
What the f*ck is going on?(ごるぁーー!何しとんじゃごるぁーー○△■※ーーーー!!!!!!!!!)

一般的にはこれらを略して単にWhat the hell?だけで使う感じをよく耳にします。


3.「would like to~(ウドゥ・ライク・トゥー!)
中学生の時、日本語ほどガチガチな丁寧語が無い英語でのwould like toはwant toより丁寧な表現と教わったのでは無いでしょうか。意味は何々したいでございますとでもしておきましょう。

なかなか英語圏に住んでいてもどのシチュエーションで使うのが妥当か難しい言葉です。元々会話がカジュアルなので、何々したいと言いたい時はwant to~もしくはこれの短縮形であるwannaで済んじゃいます。

I want to play soccer. (サッカーがしたい!)
I wanna play soccer. (サッカーがしたい!)

一番しっくりくるシチュエーションはズバリ銀行だと思います。では、実際によく使うフレーズを例にしてみましょう。

I would like to make a deposit. (チェックを預けたいです)*北米は給料を小切手で貰い銀行に預けに行くのが一般的。
I would like to make an International Wire Transfer. (国際送金がしたいです。)

しかし、こっちの銀行員は日本と違って凄くカジュアルなので使わなくても済んじゃう雰囲気な気もします!笑。うーん、何かもう一つ位、良いシチュエーションは無いかな。あ、こんなのどうでしょう?

上司から呼び出しを受けた時に、上司がこういう風に言ってきたら、、、
I would like to have a word with you. (君にちょっと話をしたいんだが)

普段はCan I talk to you?って言われているのに、敢えてわざとこんな丁寧に言われてたら逆に背筋が凍っちゃいますよね!(オイラがまさにこないだ、これで呼び出されました!汗。)


4.「k(ケー)
1Kとは1000の事です。よくfacebookのイイね!ボタンが人気の記事などで1Kとか2Kなどと表示されていませんか?これは1000人以上がイイね!している。2000人以上がイイね!していると言う意味です。日本でパチスロに精を出していた人にはお馴染みの表現かもですね。お座り1KでGo GOランプがガコッ!ペカッ!とか!笑。

e0081080_15214144.jpg

(オバマ再選の某ニュースサイトの記事。16000人がイイね!の例。)

こちらではよく給与の金額を言う時に使われます。(北米は必ず年収ベースです。)今は$1=79円とかそんな感じの円高で、ちょっと計算が面倒臭いので、分かりやすく$1=100円にすると

My salary is $45K (私の年収は450万=45,000です。)
Pay Range: $60K to 80K (給料は600万から800万を予定しています。)

あ、どうせならさっきのHow come?を使って文章を作ってみましょう!
How come my salary is only 20K? (なんで俺の年収はたったの200万円なんだ!)

ではここからがネイティブから盗む英会話のスタートです。


5.「doable(ドゥ・(ァ)・ボゥ)
意味は可能です!です。今回の目玉フレーズです。例えば、ある製品が完成してさらにこんな機能追加出来る?これって可能?と聞かれた場合に、ドヤ顔で、

It's doable! (出来ますよ!(キリッ。)

と言っちゃいましょう。普通に言い換えるとIt's possible!ですが、このdoableの方が広く使われている気がします。元々はDo(出来る)+Able to (可能)がくっ付いたスラングって感じでしょうか。


6.「Having said that~ (ハビング・セド・ザット)
スピーチなどでよく耳にすると思います。今言った事を踏まえて~という意味です。早い話が前フリしておいて、これから俺の本音を言うぜ!というシチュエーションでよく使います。ちょっと逆説的な事を言う場合が多いですね。(よくButも一緒に使われます。)他の言葉で置き換えるとHowever(だがしかし)かな。

China Overtakes Japan as World's Second-Biggest Economy, but having said that, Japanese economy is still strong. (中国が日本を抜いて第2位の経済大国に躍り出ました。それを踏まえても日本の経済力はまだ強固です。)

ちなみに新聞などでよく見る”That said,"も同じ意味です。


7.「You’re all talk (ユー・アー・オール・トーク)
You're all talkで意味は貴方って口だけね!です。いつも旅行に連れていくよ!と言ってる癖に、なかなか連れてってくれない恋人に言い放ってみましょう!笑。

Don't just be all talk! (口ばっかりはやめなよ!)

面白い例を一つ。サスペンス映画で、前から被害者を殺害したいとほのめかしていた男が刑事の前でわざと意味深に「I'm all talk...Hahaha. (口だけの僕がするワケないでしょ、ハハハ)」なんて挑発して、逆に「き、貴様ー!やはりお前がー!?」なんていう場面を時々、見かけます!笑。

ちなみにこれは汚い表現なので覚えなくてイイですが、これと同じ意味でさらにディープなスラング表現もあります。
He is all fart no shit. (ヤツはすかしっ屁だけで、一度も"カマした"事が無い=口だけ)


8.「Swiss-Army Knife(スイス・アーミー・ナイフ)」
スイスの軍隊式ナイフとはどういう意味でしょう?日本語でぴったりの表現があります。それはズバり...十得ナイフ。ナイフ・缶切り・栓抜きなどが付いてよく通販番組で見かけるアレです。何でもスイス軍の標準装備で使われていた事が由来とか。例えば、ある会社が新製品を発表したとしましょう。前回のバージョンよりもさらに多機能になった場合の発表会などでこの表現が使われてたりします。

Our new product is like a Swiss-Army Knife, It has ○○ function, xx function and △△ function...etc (我々の新製品はまるでSwiss-Army Knifeです。今回は○○機能にxx機能、そして△△まで搭載し、、、)

求人広告でもこんな表現を見つけました。
Wanted: “Swiss-Army Knife”-Like Engineer! (何でもこなせるエンジニア募集!)

今回は以上です。過去記事の「TAMATEBOX的100%英語上達法 - 定型表現集&単語、リスニング編」「TAMATEBOX的100%英語上達法 - スピーキング & ライティング編」に詳しく書いてましたが、英語表現は読む、聞くのインプットだけよりも話す、書くのアウトプットをすると覚えが良いです。ビビったりせずにfacebookやtwitterで覚えた表現はどんどんつぶやいてみましょう。


さて最後に今日の英語動画です。今回はウチの会社が制作したYMCA VancouverってスポーツジムのCMが世間で物議を醸しながらもなかなか好評らしいので紹介してみたいと思います。オイラは最初に見た時に、ちょっと雰囲気が怖いなって思っちゃいましたけど、そこが狙いみたいです。程よく英文も入っているし、アニメーションも分かりやすいので是非ご覧になってみて下さいね♪(>ε<)...Ciao チャオ!(そして最後はなぜかイタリア語w)



[PR]

by tamateboxgold | 2012-11-12 16:11 | ネイティブから盗む英会話講座

「手料理とはそいつの人生そのものである」と「Hiro's Kitchen - まとめ」

どうも。三度の飯よりもさらに食べる事が大好きなフーディー玉手ことTAMATEBOXです。 *foodie=グルメな人、食べ物に関心の強い人。


普段、オイラはインスタグラムという携帯アプリを使って手料理をfacebook上にアップしてます。これは携帯で撮った写真に画像加工を加えて、facebookなどのソーシャルネットネークに投稿するアプリです。今まではPhotoshopなどの高価なソフトを使って編集する様なフィルター加工がボタン1つで簡単に出来て、誰でもアーティステックな写真が作れる事から大人気です。ポラロイド写真の歴史などに敬意を表し、画像は全て正方形である点もユニークなポイント。

料理がウマくなるコツはズバリ、意識して沢山作ってみる事です。普段はレトルト食品位しかまともに作れないという人でも簡単な料理の本と普通の料理の本を一冊ずつ終わらせる頃には、大抵の料理はレシピを見て、作れる様になると思います。あとは飾り付けの妙などの問題です。

オイラは昔クラシック・ピアノを習っていたのですが料理がウマくなる過程はピアノのレッスン過程に似ていると思います。それは「ソナチネを終了したら後はショパンなどの好きな楽曲を好き勝手に弾いてオッケー!」であるという事。音大に進学してプロの音楽家になるコース(料理学校に進んでプロの料理人になるコース)の世界は分かりかねますが、趣味でピアノを弾くレベル(毎日自炊でちゃんとした手料理を作る)は以下の様なステップが一般的な道のりです。

まずピアノは初歩の教則本・バイエルからスタートします。これは左手と右手を別々に弾くなどの基礎を練習する本です。これはお湯を沸かしてパスタを茹でる、なんとかの素に頼らずに自分で調味料を合わせる段階に似ています。バイエルが終わると1-2分で弾き切れる小曲集(ブルグミュラー 25の練習曲など)に進みます。これは、「お手軽!簡単5分で作れる○○料理!」的な小さめのお料理ハンドブックを買ってきて、お手軽な一品料理をいくつか作れる段階です。

その後はソナチネと呼ばれる古典派のしっかりした曲集を習います。ソナチネ集(ソナチネとはソナタの小さいバージョン)の癖に最後の方にちゃっかりモーツァルトのソナタなども入ってるニクい楽曲集ですが、この段階まで来たら「本格!なんとか料理!」的な本を参考に、難しい煮込み料理など十数品を作ってみましょう。

このソナチネ集が終わる事には趣味レベルで弾くには十分、免許皆伝です。後は発表会に向けて自分で選んだショパンなどの曲をじっくり練習して披露する段階に入ります。料理で言うと何でも好きな料理を調べて、発表会ならぬホームパーティーを無事にこなせるレベルに達してると思います。

では盛り付けを上手に魅せるコツは?オイラは料理の本を買って参考にする事にしています!最近は料理投稿サイトのクックパットなどで検索し、簡単にレシピをゲット出来る世の中です。しかしこれらのレシピサイトの多くはお世辞にも料理の腕は確かでも、写真の腕は、、、なケースが多いです。一方、料理本はプロのフードコーディネーターの料理を飾り付け、プロのカメラマンが撮影した上で出版しているのです。参考にしないのは勿体無いクオリティーです。要するに、素敵なコンセプトの料理を沢山見る事が大事です。同じ理由でたまにはこじゃれたレストランに行って、盛り付けを参考にして真似てみる事も大切かなと。

そして一番大事なのは、その料理を自分で作りたいと思う情熱です。自分の得意料理はどれも特別な思い入れが強い一品ばかりです。よく「料理は愛情」と言いますが、食べさせたい相手の為にランダムに料理を作るのは、正直あまり得意ではありません。オイラは「これはウチの家族がこんな特別な日に作ってた格別の一品なんだ!だからこの"俺側の一方的でノスタルジーというバイアスがかかった熱い料理"を貴方にも是非味わって貰いたい!間違い無いから!」というスタンスで料理を振る舞う事が多いです!笑。

さてさて、前置きが長くなりましたが、それではオイラのインスタグラムで加工した手料理達を"俺側の一方的なノスタルジーというバイアスがかかった熱いコメント"付きでお楽しみ下さい!

e0081080_953565.jpg

オイラは生粋のおばあちゃんっ子。子供の頃から、夕飯前になるといつも台所のばあちゃんに「ばあちゃん!なんか食うのねー?腹減ったわー」と叫んで、お鍋の中をちょいと拝借。「今夜はただのお煮付けで、あんたの好きなお肉じゃなくてごめんねー」とばあちゃん。「これ、イカだけど普通に超ウメー!」とオイラ。そんなばあちゃんの味付けを真似て作ったイカと大根の煮付け+シラスご飯。

e0081080_9532875.jpg

ウチの親父は何でも箸で丁寧に食べる人で、サンマなんか漫画で骨だけになった魚みたいにキレイに食べ切る。小さい頃から無意識にそれを見ていたお陰か、オイラはどんな食べ物も絶対に残さずキレイに食べる癖が付きました。このサンマ定食を作る度に、今日こそは親父の領域に達してやる!って気持ちで箸を突いてます。

e0081080_9532391.jpg

ウチの地元(宮城県角田市)には似合わないシャレオツな丸太作りの洋食屋エバンス89。地元はボーリングシューズを履いたままのヤンキーがたまってそうな安い喫茶店が主流ですが、おませなオイラは18才から背伸びしてこのお店に通ってました。ここの生クリームパスタが美味しくてですねー。ある日、同じ様に背伸び組の友達がマスターに「いやー、マスター。僕も最近、料理始めたんだけどやっぱり料理は"愛情"ですよね!」って言ったら、冷静に「いや、下ごしらえだよ。」って返されてた!笑。

e0081080_953665.jpg

そんな素敵なエバンス89に少しでも近づける為に、日々研究を重ねている生クリーム系のフェットチーネをカナダのスモークサーモンと共に。

e0081080_953260.jpg

東京で一緒にHip Hopのイベントをやってた友達にある日突然、「俺さー、急遽バーの店長になったからお前ら飲みに来いよ!」って言われて、向かった青山にあるショットバー。カウンターにはイベリコ豚の燻製が丸々一匹置いてあり、背中の生ハムな部分をそいつがナイフで削いで沢山、食わせてくれた。生ハムを使った料理を作る度に、東京で背伸びしていたあの頃を思い出すバジルと生ハムの冷製パスタ。

e0081080_9531054.jpg

子供心に外食でウナギを食べるなんて恐れ多い事なんじゃないかな?と思って注文しようと思った事すら無かった。初めてお店でウナギを食べたのは26才の時。2ちゃんねるの元管理人・ひろ○き氏も足繁く通っていると噂のお店に先輩が連れて行ってくれた。あの感動を忘れまいと、今でも中華系のスーパーで一匹$11の養殖ウナギを買って、余計なタレを流水で一旦洗い流し、しっかりと酒蒸しにしてからこのウナたま丼を作っております。

e0081080_9532239.jpg

初の海外にして初のホームステイはフィジーでした。オイラのホストファミリーの庭にはアボガドとバナナの木が生えていて、毎朝庭先で取れたアボガドをこの様にバターを塗ったパンに載せて、塩こしょうでシンプルに頂いていました。これが美味しすぎて、今でも作りたくなるこのフィジースタイルのブレイクファースト♪

e0081080_953731.jpg

フィジー時代に出会った日本に留学経験があるオモシロ中国人ジャンがいつも「なんで日本人はあんなに庶民的な麻婆豆腐が大好きなんだ?中国料理にはもっと北京ダックとか豪華で美味しい料理が沢山あるだろう!」と常々言っていました。そんなジャンの忠告を無視する様に、オイラは週一ペースでこの麻婆豆腐を作ります。

e0081080_953127.jpg

生まれて初めてのバックパッカーの旅は、ニュージーランドで全日程をファンキーな2人のオランダ人と過ごすという衝撃的な体験でした。あの時、同じ部屋の皆でお金を出し合って作ったこのオランダスタイルのミートボールとマッシュポテト(スタムポット)は生涯忘れられない一品になりました。

e0081080_9531125.jpg

カナダでの学生時代の一年間、フレンチベースのシーフードレストランで学費を稼ぐ為に皿洗いをしておりました。平日でも常時200-300席は埋まるレストランで、閉店までノンストップ!終わる頃にはお腹ペコペコ。そんな状況の中、横目でシェフ達の盛り付けを盗んで作れる様になったこの玄米ライスとサーモンのムニエルは二つの意味でオイラの"ハングリーな時代"を象徴する一品です。

e0081080_14451253.jpg

オイラは海外ドラマを見るのが大好きなのですが、そこでよく思う事があります。「こいつら、結構頻繁にパイ作ってるな?」と「ラザニアは沢山作って冷凍しておくのがセオリー」であるという事。アメリカンなドラマに出てくる雰囲気を味わいたくて、今日も自家製のボロネーゼソースとベシャメルソースで大量のラザニアを冷凍保存するオイラなのでした。

e0081080_1431494.jpg

カナダの隠れた国民食と言えばこのマッシュポテトにチーズを練り込んだピエロギ。冷凍食品コーナーには沢山のピエロギが売られています。自分の運命を代えた冷凍食品をいつの頃からか自分で一から作る様になりました。

e0081080_9525918.jpg

オイラは郷土料理というか...その土地の料理の正しい(ローカルの人が好んで食べる)食べ方を聞くのが好きなんです。ロシア人に普段どうやってウォッカ飲んでるの?とかね。ゴーヤチャンプルを作ろうと材料を買いに言った時に偶然、沖縄出身の友達に会って、「肉どうしたらイイ?」って訪ねたら「スパムだよー、スパム!」って教えてくれました。インターネットで何でも調べられる世の中だけど、やっぱりこういう風にface to faceで情報収集するのは楽しいなーなんて思いながらよく作るこのゴーヤチャンプル。

e0081080_9531024.jpg

ネバネバ系が好きなのに理由なんて要らない!俺はどこの国で暮らそうと、必ず中華系と日系スーパーを回り尽くし、この位のクオリティーのネバネバ丼を作ってやる!と心に誓っている。

e0081080_952592.jpg

郷に入っては郷に従えじゃーないけど、その国、その土地に暮らすんなら、出来る限り、ローカルな体験をしたいと常々心がけてます。カナダに来て4回目のサンクスギビングディー(感謝際)を迎えました。最初の2年はお呼ばれ。そして後半の2年間は自分がホストに転じ、カナディアンの友達を逆に呼んでターキーを振る舞う様にしています。今年のクリスマスは同じ要領で、ローストチキンを焼く予定。北米はどんなアパートにも必ずオーブンが付いてるオーブン文化です。この国に居る間に日本ではなかなかチャレンジしないオーブン料理を存分に楽しもうと思っております。

以上でHiro's Kitchenのまとめ第一弾を終わります。自分で言うのもですが、なんだか料理の写真に小粋な思い出コメントを添えるって感じで、ちょっとキレイにまとまり過ぎちゃった感がありますね。こういう雰囲気のまま終わるのは苦手なので最後はこんな一言でお開きにしたいと思います。

手料理とは、、、究極の自己顕示欲である!!( ̄▽ ̄) ...Ha-ha!
[PR]

by tamateboxgold | 2012-11-06 16:13 | カナダ生活 (2009.3〜)

海外企業で働くという事 -成長とは自分が武者震いする場面を1つずつ克服していく過程-

どうも。最近、近況報告がfacebookやtwitterなどの新参のソーシャルメディアでチャチャっとつぶやいたり写真をアップなんて事が多くなり、随分とブログがご無沙汰になってしまってるTAMATEBOXです。なんとかネタをカブらせずにソーシャルメディアとブログを住み分けていく方法を模索中です。ヾ(-д-;)

さて今日は英語や人生についてのお話を少々。海外の学校を卒業して現地の会社に就職して二年半が過ぎました。今はITソフトウェアの会社ですが、学生時代にフレンチレストランのお店で1年間皿洗いのアルバイトしていたので、外国の企業(いわゆる英語環境)の会社に勤めて3年半以上が経ちます。

バンクーバーには色々な英語レベルの日本人がいるので、こんな自分でも「やっぱり外国の企業で働いてるから英語が上手いですねー」と言われる事もチラホラあります。素直に嬉しいんだけど、しかし同時にちょいと待てよ?と思う事も。

英語がウマい(...と感じてくれた)のは別に外国の企業で働いてるからでは無く、海外生活5年目に突入した今も毎日英語の勉強を続けているからです。だって、海外留学から帰ってきた人が、「いやー、海外行ってたから君は英語がウマいねー」なんてノーテンキに言われても「ちげーよ、向こうで必死になって英語しか喋らない様にしてたからだよ!」って思うはずです。国際結婚した人が「いやー、やっぱり旦那さんが外国人だから英語ウマいねー」なんて言われたら「ちげーよ、最初の頃、彼の英語に必死になって食らいついていったからだよ」って思うはずです。

勿論、言ってくれた人も悪気があって言ってるワケじゃないのですが、なぜこういう思考になりがちなのか考えてみました。で、導き出したトゲトゲしい答えが...「聞き流すだけ!寝てるだけで英語が伸びる!」+人気プロゴルファーの写真付き的な広告に皆、騙されがちだからだと思うのです。

人生のまーまー大半を英語と向き合ってきた自分的に言わせて貰うと、聞き流すだけで英語が上手くなる事は100%ありません!同じ様にちょいとその環境に身を置いた程度で劇的に伸びるもんでもない。「英語は日々のトレーニング」です。4才だか10才だかで外国語脳が閉じてしまった後は、毎日の地味な読む、聞く、書くのトレーニングの積み重ねしか無いと思います。

「留学無しでも楽に英語がマスター出来る!」を謳い文句にしている広告スペースを海外から見てみると、そこは「海外在住者の方へ こんなはずじゃなかった!まだ間に合う英語上達法」的な広告が表示されています!笑。IPアドレスで識別されて、ウマく差し替えられてるんでしょうね。消費者をバカにしてるなーと思う反面、きっと聞き流すだけで英語が上達する方法が存在すると思ってる層って沢山いるんだろうなと思わされてしまいます。

e0081080_2043127.jpg


一昨日は会社で全スタッフミーティングがありました。普段は社内の会議室を使って月例の報告会的な感じですが、今回は珍しくホテルの一室を借りて、丸一日(8時間)の大掛かりな物でした。というのも2013年に向けての目標設定やら、現状の社内の問題点を徹底的に話し合うと趣旨で、お偉いさん(マネジメント組)へのダメ出しも含めて、まず社員全員で意見を出し合い、ミーティングの最後一時間でお偉いさん達が合流して、さらに徹底的に討論するというスタイルで、壁にそれぞれの議題を書き出し、それにポストイットに自分の意見をガンガン書いて貼っていきました。

あ、ランチ付きだったので、ホテルが用意してくれたサンドウィッチ+季節のフルーツを頂きました。テンション上がります!(いつもは会社の会議室でピザをデリバリーしてます。)

e0081080_2043265.jpg


今回はこの左のベジタブルラップが凄く美味しかったです!煮込んだナス&ジャガイモとチーズ、アジアン系の野菜。ベジタリアン向けの料理はいつもクリエイティブっすね♪(>ε<)

e0081080_2042526.jpg


オイラは普段、部署内で行なう10人前後のミーティングではおだやかな雰囲気や場慣れもあり結構、ガンガン英語で意見を言えてます。いつものメンバーだし自分のキャラも確立済みなのでギャグも放ちやすい!笑。でもこの全スタッフミーティングは、違う部署の人達も参加してるので規模が全然違うし、何よりも真剣な雰囲気なので、ちょっと自分の意見やギャグを言うのに尻込みしてしまいがちです。

なので、今回は自分に与えられたディスカッションや発表の持ち時間とは別に、手を挙げて皆の前でさらに個別に意見とギャグを言う事、お偉いさんが後から合流するという事だったので、その時にもさらに個別の意見とギャグを言い放つ事を目標に会議に挑みました。

いわゆる、、、武者震いというか膝がガクブルなシチュエーションに敢えて挑んで行こうと。と毎回、こんな事を考えて日々をドラマチックに生きる工夫をしております。


人生の目標や達成感なんていうのは人によって様々だと思いますが、いつも思い返して心に小さなガッツポーズをかませるのは、こんな風に心臓バクバクな場面に立ち向かっていく時だったんじゃないかな?って思います。自分の人生でも、初めてサッカーでクラブユースの練習に参加した時、お笑いのオーディションを受けに行った時、ブレイクダンスの大会に出場した時、初めてフィジーに留学した時、語学学校の卒業式でスピーチした時、専門学校で初めて英語でプレゼンした時、現地のレストランに飛び込みで履歴書持って行った時、カナダのTVに出た時、インターンシップで今の会社の就職インタビューに行った時、、、etc...

人前に出たり、勇気を振り絞って何かする時の、あの逃げ出したくなるドキドキ&ガチガチ感。膝はガクガクで口の中がカラカラになるあのしんどい感覚。終わった後に得られるのはほんのちょっぴりの達成感とすぐにまた湧き出る落ち着かない向上心、、、きっと家で寝てた方が穏やかな人生という観点から言うと賢明なのかもね。

でも5年後や10年後にベランダにロッキンチェアーを持って行って、ワイングラスを片手に、落ちて行く夕日を遠目に見ながら「冷静に考えたら当時、あんなレベルでよくあんな大それたシチュエーションに突っ込んで行ったよなー、自分!」と感慨にふけるのは悪くないもんです。

e0081080_20335939.jpg

ZEEBRA - Street Dreams

このジブさんの曲はオイラが一番最後に挑戦したブレイクダンスの大会(B-boy park 2005)の会場で流れていた思い出の曲です。あの時、予選落ちしてボロボロだった自分にこの歌詞が染みてきました。人間はカッコイイ思い出よりもむしろカッコ悪い思い出からの方が学べるんだよ!と今でも、自分を奮い立たせたい時に聞いています。

この歌詞みたいに"なんだこの変なジャパニーズみたいに見られてまじかったるい"けど"成さねばならぬだから成せばなる"もんだと思うので、これからも"キレイ事だとか言うなマジでうるせー 俺のこの人生で証明するぜ!"的な生き方をしていこうと思ってます。
[PR]

by tamateboxgold | 2012-11-03 20:39 | カナダ生活 (2009.3〜)