カテゴリ:カナダ生活 (2009.3〜)( 60 )

「モンゴリアンBBQ」と「セレブ系のお豆ちゃん」

どうも。昔、ウチの母ちゃんが横浜の中華街に行って、ウマい肉まんがあった!って勧めてくれた次の週に、たまたま初デートする子がいたので、中華街に誘ったのです。でもその経緯を全く説明せずに、中華街に降り立って、肉まん屋の場所をド忘れしていたので、「母ちゃーん、肉まん屋さんの場所どこーぉ?」ってすぐに電話をかけたら、「、、、マザコンの方なんですか?汗。」ってドン引きされた経験を持つ、普段全然マザコンじゃないTAMATEBOXです!汗。

ブログの題名(もぐもぐIT生活…。)にある様に「もぐもぐ」なグルメレポートをちょくちょくお届けしてきましたが、今回はなんで今まで紹介してなかったんだよ?自分のバカー!!って料理です。

話が一瞬逸れますが、最近、IT関係の友達に「"もぐもぐ"はレポートしてるけど、全然"IT"の話をしてないじゃん?」と突っ込まれてしまいました!汗。ヾ(-д-;)…えーっと皆さん、インターネットのヤホーって知ってますか?汗。

話は戻って、それがこのモンゴリアン・バーベーキュー!!オイラの住んでるデイビー通りやデンマン通りなどダウンタウンに何軒かあります。まずシステムがユニークです。

最初に丼を手に取って、解凍されたばっかり的なクオリティーのお肉達(豚・ラム・チキン・牛)を詰めます。
e0081080_1752310.jpg


次にうどん、野菜、きのこ類などを入れて、その後に自分でタレを味付けます。目安になる分量は壁に書いてあるので、自分で配合!(例)スパイシー味: チリソース1、ガーリック1、レモン汁1、ゴマ油0.5...etc.
これはウマいシステムだなーと。だってマズくても自己責任!笑。

e0081080_175233.jpg


その後、とてつもなく巨大な鉄板の上で目の前で焼いてくれるのです。ビリヤード、、、?って程にお箸も長い。
e0081080_1752214.jpg


しっかり火を通してくれるので、じんわり待たされますが、その動きを見てるだけで楽しいです。鉄板の周りをじわじわ回って焼いて行く姿、シャキシャキのパイナップルを入れる直前のタイミング、最後に鉄板の端に肉を一列に寄せて、一気にこぼさずに丼に入れる所などまさにエンターテイメントです!!(>ε<)…こりゃー、チップ弾むしかねーべ!!

e0081080_1752448.jpg


何回でもおかわりOK!これにご飯とスープが付いて、ランチ$9.95、ディナー$11.95です。

e0081080_1752328.jpg


しかし噂によると、モンゴルではこんな形のお店は無いらしい。この巨大鉄板はモンゴルのお祭りであるらしく、それをモチーフにしてやっているだけとも聞きました。昔、語学学校で知り合ったモンゴル人に現在問い合わせ中です。。。


さて続いては、近所のデンマン通りでなんだかシャレオツなお店が煌々と光を放っているのを発見。中に入ってみると、セレブな雰囲気のするナッツ屋さんでした。

e0081080_1752451.jpg


この金持ちの家のゆで卵を入れる銀の容器みたいなモノの中に、様々なナッツ類とドライフルーツなどが計り売りされています。!!(>ε<)

e0081080_1752295.jpg


おぉーっと、これはちょっと、、、さっそく買い込み過ぎてしまいましたね!汗。反省×2。

e0081080_1752549.jpg



最後に母ちゃんへ
いつもなんだかんだありがとう!感謝してます!これからも健康に気を付けてお元気に!!I Love You、Mom!! ←なーんて書くと、「やっぱりマザコンの方なんですか?汗。」とか全員に思われてしまいそうだけど、今日は母ちゃんの誕生日なので、特別です!笑。(>ε<)…Happy Birthday! 母ちゃん!!
[PR]

by tamateboxgold | 2011-12-07 18:41 | カナダ生活 (2009.3〜)

「無料宿泊!!ホテル・TAMATEBOX」と「バンクーバー観光の魅力」

どうも、お魚くわえたドラ猫こと、常にその背中を追われ続ける愉快な男・TAMATEBOXです!(>ε<)…How are you?


先月、このブログの読者でノリノリ男のNori君がバンクーバーに遊びにきて、我が家に泊まりに来てくれました♩
e0081080_13471870.jpg


実はこのNori君、元々は時期は違うけど同じフィジー留学繋がりの友達で、共通の友人を通じて知り合い、色々と世間話や身の上話をしている内に仲良くなったんです。国際協力関係のNGO団体で働く熱いナイスガイ!!休暇で海外旅行に行くとの事で、半ば強引にカナダ旅行を勧めて今回のお運びとなりました。

と今日はここで、このTAMATEBOXに会いにカナダに来てくれるとこんな特典があるよ!というお話です。

日本から直行便で8時間半、北米カナダの玄関口のバンクーバーは、緑が溢れ、多種多様な文化が共存し、食べ物や自然が楽しめる面白い都市です。そんなバンクーバーのダウンタウン(中心部)にこのホテル・TAMATEBOX(我が家)があります。

リビングルームという特性を活かした広い作りのお部屋にはTV、インターネット、日本の雑誌、洋画DVD、英字新聞、スーパーファミコンが無料で見放題、使いたい放題。大きなクイーンサイズのベットに三人掛けソファー、二人掛けソファー、お一人様用ソファーが各一つずつ配備。

e0081080_13471055.jpg

e0081080_13484461.jpg


このブログを読んでくれている人達はモチロン無料でいつでもお泊まりできます。しかも特典として家主(オイラ)の心のこもったマッサージが付いてきます!

e0081080_13471637.jpg


お食事も充実!本格的な料理を作ったり、テイクアウトで済ませちゃって作らなかったりと"気まぐれ"な家主(オイラ)がご用意する料理が楽しめます。(左上から、本格タイ料理のグリーンカレーと生春巻き、ビザのテイクアウト、本格和食の夏カレーライスにグリーンサラダ、カナダ伝統料理・プティーンのテイクアウト)

e0081080_13473047.jpg


アメニティーグッズも充実。小さな心配りが自慢です。バスルームには新調したバスタオル、シャンプー&リンス、そして赤ワインが備え付け。

e0081080_13472332.jpg


また滞在歴3年の家主(オイラ)自ら、バンクーバーの市内ツアーのガイドさんを演じます。こう見えて日英語対応です。(写真はグランビルアイランド内の有名マーケット)

e0081080_21222531.gif



今までに沢山のご友人が遊びに来てくれました。では彼らの感想を少しご紹介しましょう。


「思ったよりも新しく、奇麗なお部屋でした。家主の話が少し長かったけど、楽しかったです。 (Nさん 20代女性)」
「近所にある有名なプティーン屋さんが忘れられません。家主の話がウザかったけど、また来ます! (Yさん 30代男性)」
「リカーストアが近くあるので、つい夜中まで飲み過ぎてしまうニクいロケーション。家主はまじでマシンガントークでしたね!汗。 (Mさん 20代男性)」
「イングリッシュベイ、スタンレーパーク、ガスタウンなど色々な観光名所を案内して貰いありがとうございました。家主は同じ話を2回する人ですね(笑) (Hさん 20代女性)」


など好意的(?)な意見が寄せられております。皆様、もしバンクーバーに足をお運びの際には是非、このホテル・TAMATEBOXをご利用下さいませ。ブログ右上にあるメールコンタクト、もしくは各種ソーシャルネットワーク(facebook、twitter、mixi等)より直接ご連絡下さい。

と、前置きが長くなりましたが、今回はこの素敵な動画をyoutubeで発見したので、是非皆様と共有したかったのであります♩(>ε<)…【カナダ ブリティッシュコロンビア州最新観光ビデオ日本語】


[PR]

by tamateboxgold | 2011-12-04 13:30 | カナダ生活 (2009.3〜)

「感謝祭ターキーの作り方」と「初のサンクスギビングのホスト」

どうも。2年8ヶ月ぶりにスーツケースをご開帳したら中からカナダに来る時に持っていた小銭の972円を発見♩これで大手3社牛丼チェーン店の"並盛り"を食べ比べる予定のTAMATEBOXです♩(>ε<)…日本帰国まであと2日!!

さて、カナダでは10月の第2月曜日、そしてアメリカでは11月の第4木曜日はサンクスギビングディ(感謝祭)です。諸説ありますが、一般的にはアメリカ大陸に入植したヨーロッパ人が原住民インディアンの助けを借りて、無事に最初の収穫が出来た日を記念する行事と言われてます。

オイラは特定の日に特定の食べ物を頂く祝日が大好きなのですが、この日は家族や友人を呼んでターキー(七面鳥)を豪快に焼いてお祝いをします。他にはマッシュポテトやパンプキンパイなどですかね。

オイラは今年3年目のサンクスギビングディ。過去にお呼ばれしてご馳走になったターキーはこちらの過去記事をご覧下さい。 →「サンクスギビングディ」と「Thanksgiving Day」


そして今年も会社の同僚宅のサンクスギビングパーティーにお呼ばれしておりましたが、、、、ここでちょいと待てよと。。。(>ε<)…うぇいと あ みにっつ!!

毎年×2お呼ばればっかりじゃ、いつまでもホストとしての経験値が増えないでは無いか??そんな自問自答の日々の中、いつもこのブログにコメントをくれるオイラの東京時代のお姉さん的なmanaさん(料理めっちゃウマい!)が友人が居るシアトルに滞在中で、もしかしたらバンクーバーに遊びにくるかも?との情報。そして日本からまた別の友人(次回のブログで詳細発表)がカナダに遊びにくる事になった。

これはもうオイラの家でターキーを焼いてサンクスギビングディのパーティーを開催するしかないとの決断に!ホスト(主催者)になるチャンスは人生で突然やってきます!そしてその日から、カナディアンの同僚にレシピを教えて貰ったり、インターネットで作り方を調べる日々が始まりました。

それではまず材料のご紹介です。

e0081080_3545814.jpg


【材料】 日本人なら7-8人前?!
ターキー : 1羽(4㎏)
スタッフィングの元 :1袋
玉ねぎ : 240g
パセリ : 240g
チキンブロス or 水 :240cc
バター :200g
すり潰したリンゴ :1個
セージ: 適当 適量 ※既にスタッフィングの素に入ってる場合は不要
ローズマリー : 適当 適量
パセリ : 適当 適量
塩・胡椒 : 適当 適量
オリーブオイル : 適当 適量
ゲストへの愛情  : ∞

【その他】
料理用タコ糸
サランラップ
オーブンがある家に住む(北米のアパートでは基本キッチンに必ず付いてますがw)

【作り方】
1)冷凍のターキー(4キロで$10前後)を数日前に購入。早く買わないと売り切れる。それを冷蔵庫で3日かけて解凍、その後塩水に浸けておく。
2)スタッフィング(パン屑)の素を購入(ホストとして望む感謝祭ルーキーイヤーなので無難に素を購入)
3)たまねぎとセロリをそれぞれ"イイ感じ"に切る。2〜3cm角位の大きさかな?そこにニンニク、隠し味にすりおろしリンゴを加える。
4)フライパンに3の材料を入れてオリーブオイルで炒める。そこにバターとチキンブロス or 水を少しずつ入れてさらに炒める。
5)炒めたスタッフィングをキッチンペーパーで水気を十分に取ったターキーのお腹の中に詰めていく。その後料理用タコ糸などで縫い口をしっかり止める。
6)ターキーの表面にバターとオリーブオイルを塗って香り付けのローズマリーを添えて、胸を下にしてトレーへ。
7)355℉(華氏なので、摂氏だと180℃前後)に温めておいたオーブンにアルミホイルを被せて3時間位焼く。30分か1時間毎に焼き加減を見て、バターを塗り足していく。
8)最後の30分でアルミホイルを外し、表面をサクサクなクリスピー状態にして上にパセリを乗せて出来上がり。
9)グレイビーソースとクランベリーソースで美味しく頂く。


こんな感じです。

補足としては、気合いを入れてスタッフィング(パン屑)から作るのもアリですが、カナディアンでも市販の素を使うのが最近では一般的だそうです。すでにターキーに欠かせないセージなどの各種ハーブ&スパイスが入っているそうです。というワケで北米滞在歴が長いmanaさんのお友達のおススメ品をシアトルからわざわざ買ってきて貰いました。(>ε<)…情報ありがとうです!!

この材料の他に味が付いたひき肉なども加えるとさらに美味しくなるそうです。

ハイライトは、5)のスタッフィングをターキーのお腹から(お尻の穴から?!)ガンガン詰めていく所ですかね。

e0081080_3542241.jpg


そして 6)の30分〜1時間毎にターキーの表面にバターを足していく作業を忘れずに。チョコボール向井さんの肉体のテカりを参考にしてガンガン塗りましょう。

e0081080_3542395.jpg



そして人生初の手作りターキーが完成しました。じゃじゃーん!!(>ε<)…まー正直、manaさんに手伝って頂いたというかほぼやって貰った感は否めませんが!汗。

e0081080_5105198.jpg



これにオイラがニュージランドのバックパッカー滞在中にオランダ人から教えて貰った特製マッシュポテトにサラダ、manaさん特製スープなどを添えてサンクスギビング・ディナーが完成♩デザートはエコバックが大人気のWhole Foods Marketで購入した間違いないパンプキン・パイ♩
e0081080_5105353.jpg




あとは日本からのゲスト+こっちでお世話になっている友人を数人呼んで計5人でワイワイ楽しい一時を過ごしました。

カナダに来てからずーっと仲の良いフレンチ・カナディアンのジェフも「美味しい!」と喜んでくれました。このジェフ、普段はクールなキャラですが、この日はノリノリでシャンパン開けさせても、トークさせても、トランプさせても笑いの神が降りてました!笑。

e0081080_5131872.jpg



さすがにターキーは全て食べ切れずでしたが、残ったターキーは次の日サンドウィッチに。パン2枚にマヨネーズを塗り、余ったターキーの肉、スタッフィングを入れて塩・故障で味付け。そこにグレイビーソースを上からかけて会社にランチとして持って行きましょう!

本当に料理の下準備から楽しい経験でした♩manaさん、助けてくれて本当×100にありがとう!!(>ε<)…You saved my ass!

そして初のターキー作りに挑戦した事でまた一つ、この北米カルチャーに溶け込めた気分になりました!笑。来年も作ってウチでパーティーするぞぉー!!来年は全部1人で作る事になりそうだから今からとても不安ですが、、、ヾ(-д-;)…ところで、このスタッフィングの中身をカリフォルニアロールにしてみたらダメなんでしょーかね?笑。
[PR]

by tamateboxgold | 2011-10-17 03:56 | カナダ生活 (2009.3〜)

「パルプ・フィクション」と「世界一優しいウクライナ料理」

-プロローグ-

e0081080_639545.jpg

今回はこの様にオイラの日常で起ったちょっぴり不思議な出来事と毎度x2のグルメな話をしたいと思います。

まず最初に映画パルプ・フィクション。
e0081080_7332193.jpg


94年公開、あのタランティーノ監督を一躍世界の奇才に押し上げた出世作。一見ただのギャング映画ですが、色々なくだらない話(パルプフィクション)が時系列シャッフルされています。なので前のシーンで死んだはずの登場人物が甦ってたり、服や持ち物が勝手に変わったり戻ったりといった不思議な構成の映画です。

あ、せっかくなので今回この日記も無駄に時系列シャッフルさせてます!笑。単に読みずらくなっただけなら、、、あしからず!ヾ(-д-;)…どーしてもマネしてみたかったの!!!!

で、なぜ急にこの話をしたかというと今年もハロウィーンが近づいてきましたが、毎年ユマ・サーマン演じるミアのオーバードースで倒れたシーンのコスプレ(おかっぱ頭に白いシャツに胸に赤いサインペンで印)を必ず見るからです!

これは偏見ですが、海外で会う人はかなりの確率でこの映画が好きだなと。実はパルプ・フィクションの一番の見処は独特の英語のオシャレなセリフの言い回しにあるんです。(>ε<)…「フランスのマクドナルドでクォーター・パウンダー・チーズをなんて言うか知ってる?」「ロイヤル・ウィズ・チーズ!!」「なんでか分かる?」「メートル法の国だから?」みたいな。

なのであの映画の言葉の響きにやられて英語を本格的に好きになった人も多いのでは?と勘繰っております。

一つ注意点は、"ポルプ"・フィクションと発音しないと通じない事です。ポゥプ・フィクションみたいな感じ。カタカナ英語のバカヤローです!笑。


-ロシアンボルシチ-


ウィスラー在住でスノーボーダー・ヤマト君がバンクーバーに遊びに来てくれました。何でもスノボが出来ない夏の間はカヌーを満喫する!と一人乗り用カヌーを買いに。で、オイラの家はもういつでも"カウチサーフィン"出来るので、ぜひ是非泊まってってよ♩と。

このカウチサーフィンの元々の意味は数年前から世界中で流行っているお泊まりコミュニケーションサイト・couchsurfing.orgの事です。海外旅行なんかをする人がこのサイトに登録して、その国のその土地でその晩、カウチ(ソファー)を貸してくれる人と繋がって無料で泊まり合うコミュニティー。カウチをサーフィンしていくって意味ですね。

で、話は戻ってヤマト君と普段あまり食べない国の料理を食べようって事になって、、、Robson通りとDenman通りにあるウルライナ料理のお店・ウクライナビレッジへ!!

e0081080_7585877.jpg


まずは定番のボルシチを頂こうと思ったら、このお店ではロシア式のボルシチとウクライナ式のボルシチの2パターンがあるという。ウクライナのお店なので、ウクライナの下さい!と言うと、「いやーロシアンボルシチの方がオススメだよ!」と素直なウクライナ人の亭主!笑。

e0081080_813733.jpg


人生初の(ロシアン)ボルシチはとても優しい味がしました。色が真っ赤なのでもっとスパイシーな物を想像していたのですが、よい意味で裏切られました!

e0081080_8141041.jpg


その後、ディナーセットを注文。ラインナップはウクライナロールキャベツにウクライナウィンナー、そしてポテトにチーズを練り込んで小麦粉の皮で包んだウクライナ風ギョウザにボルシチの材料でもあるビート(赤カブ?)の付け合わせ。

そしてどれもですけど、、、味付けが優しいんですよ!!素材の味で勝負してるというか、全然香辛料が強くなくて美味しいんです。これは意外な発見!!

ちなみに日本語の発音でボルシチっていうと英語のBullshit!(ブルシット!)っぽく聞こえるので注意が必要です!笑。*ブルシットはとても汚い言葉なので意味はお父さん、お母さんに聞いてみよう!(>ε<)

亭主にいきなり「とりあえずロシアン・ブルシット下さい!」って言ったらどんな反応されるか怖いですね、、、汗。ちなみに発音はボーシュ(ト)的な感じです。ここでもカタカナ英語のバカヤローです!笑。


-ゾンビウォーク-


e0081080_8573020.jpg


ここバンクーバーはゾンビウォークという全身ソンビの格好をして街を練歩く年に一度のお祭りの盛り上がりが凄いです。元々はアメリカの小さな街で始まったイベントらしいですけど。そういえば、毎年血のりを付けた人達を街で見かけるのはこのイベントのお陰だったワケだ!

ちなみに少し前に全裸で自転車に乗って環境保護を訴えるなんていうイベントもありました。(素敵なので遠巻きに写真撮らせて貰いました。)

e0081080_8511789.jpg


あとこれは世界中でですが、毎年11月にMovemberっていう一カ月間、男性がヒゲを伸ばし続けるイベントがあるんですよね。まだまだ認知が低い男性特有の前立腺がんや睾丸がんの認知度をもっと広める為に世界中の男性がヒゲを伸ばします。Movemberはmoustache(ヒゲ) + November(11月)の造語です。とにかくここに住んでいるといつも何か面白いイベントをやっている感が自分にはたまらないです♩

-エピローグ-


ご近所さんの元軍人マイクから電話。いつもの様に飲みの誘いと思いきや「Hiroshi、引っ越す事になったから家具買わない?」との事。マイク宅にはオイラが前から目を付けていた3人掛けの素敵なクリーム色のカウチが!?

e0081080_8514850.jpg


「おっ、カウチ欲しい?Hiroshiが買ってくれるなら家まで運んでやるよ!」
「実は今度、ウィスラーから友達が泊まりにくるかもしれないし、カウチが無いと友達を泊めれないんだよね。」
「ならこれ持ってきなよ!で、カウチサーフィンにも登録だな!!」

とトントンと話が進んでフレンドリー価格(+配送付き)で購入。


、、、が、しかしこのマイクのアパートの狭いドアから何をどうしてもひっかかって出ない。。。ヾ(-д-;)…どうやって入れたんだよ、オイ。。。

e0081080_852342.jpg


「Never give up!!」連発のマイク。11階から本気でロープで降ろすとか言い出すし。。いや、それは無理っす。
その後、入り口の壁をソファーの角で削りまくり格闘する事3時間。ちょっとした弾みで通路の電球も割ってしまい、血だらけでランボー状態の元軍人マイク。それでも、、「Never give up!! ロビーまで出せれば、後は台車で運べるから Never give up!!」とナイスガイ。

その後、カウチの足を取り外し、再チャレンジ。それでもドアに引っ掛かり最後の手段でドアごと取り外し、向こう隣の人の玄関まで利用させて貰いそこでUターンさせる作戦に!!

「Hiroshi, Never Give Up!!!!!!」

e0081080_8522279.jpg

[PR]

by tamateboxgold | 2011-09-28 07:24 | カナダ生活 (2009.3〜)

「本格カナディアンキャンプ」と「ワタシ、10ガツ、ニホンカエリマース!!」

どうも。親友の結婚式(東京)の為、急遽2年半ぶりに日本に帰国する事になりました、自称・海外組ことTAMATEBOXです!!(>ε<)…10/18日~31日まで東京と地元に滞在予定(出来れば関西方面も行きたい!!)です。皆様、是非飲み会"か~ら~の~"カラオケ行きましょう!!w

さて先日、会社の同僚のサギーがキャンプの達人である事を知り、オイラが「中学校の林間学校でしかキャンプ経験が無い!!」と言うと「カナダに住んでいるのにモッタイナーイ!!!!連れてってやる!」という事でトントンと話が進み、人生初の本格カナディアンキャンプを体験してきました。メンバーはサギーに同僚のアメリカ人の夫婦+オイラの4人です。(右からサギー、ステイシー&ランス夫妻)

e0081080_530866.jpg


このサギーという男、インド系とヨーロッパ系のハーフで、生まれがケニアで大学がアメリカ、就職はカナダで奥さんがドイツ人。最近のマイブームは日本のドラマというもはや自分でも何人か分かっていないという世界市民な香り漂うナイスガイ。平気で3ヶ月間キャンプしちゃったり、アウトドア系のTVに出演経験もある本格派です。ちなみにこれが彼のブログ。英語が分かる人は是非読んでみてください。

サギーのBlog : Going far far away...

まずはキャンプ前日にMECというキャンプ用品専門店で必要な物を揃えました。テントはサギーが準備してくれたので、アウトドア用バック、スリープ用マット、ヘッドライト、ホイッスル(笛)、ドライフード、虫除けスプレーに熊撃退スプレーなど。

余談ですが熊撃退スプレーを購入するにはID提示と書類にサインが必要です、そしてなぜかスプレーを選んでる間、ずーっとオイラの頭の中では臭消力のCMソングが流れていました。(>ε<)…ラーラーララー、ラーラーラー 臭消力〜♩

バンクーバーから北東へ車を走らせる事、約4時間。標高2200mのコキハラ・マウンテンに到着。1日目の夜は、ハイキングコースの麓にこの"それいけ!!サギー号"を停めて就寝。翌朝からの山頂アタックを試みます。ちなみにこの"それいけ!!サギー号"は冷蔵庫、キッチンにベットまで完備な本格キャンプカー。
発音が日本と違うんで最初、ん?って思いましたが、どーやらプロペインガス(※プロパンガス)が車の中を流れているそうです。

e0081080_6332141.jpg


起床。2日目の朝は天気にも恵まれ、ここで文明の利器(冷蔵庫、エアコン、、そしてギンギンに冷えた缶ビール)ともしばしお別れ。各自テントや寝袋、飲料水、必要最低限の食糧を背負い、胸ポケットには小さなウィスキー瓶を入れて山頂に一泊します。

道無き道をブッシュブッシュと掻き分け、

e0081080_6335679.jpg


小川を何度もピョンピョン飛び越え、

e0081080_636646.jpg


さらには真夏なのに雪道をツルンツルン踏みしめ、

e0081080_6374511.jpg


おやつ休憩をちょくちょく挟みながら、ハイキングする事5時間、、、気力も飲料水も尽きかけたまさにその時、ついに頂上付近で湖を発見!!

e0081080_6521868.jpg


「おぉっ、皆の者!!水だ!!水ぅぅぅ!!」
「うぉぉ、たぁぁ!!」

というワケで男性陣はパンツ一丁になって標高2200mにある湖に頭からダイブ!!汗でビッチョビチョ&ベトベトになっていた体がシャキーンとスッキリ。WBC選手権のイチロー選手並みに、ほぼイキかけました!笑。
e0081080_7263527.jpg



「よーし!!もうこの辺が頂上付近なので、平らな場所を探してテント張るかー!!」と達人サギー。平らな場所を探してもう少しだけ登るとそこには、、、

e0081080_727675.jpg


まるで天空の城ラピュタに出てきそうな風景が辺り一帯に広がっています!!(>ε<)…こ、小鳥が人間を怖がらない?!(これはさすがにウソw)

結局、湖から程近い場所に平らなキャンプポイントを見つけたオイラ達。早朝から登り続け、この時点で時計の針は午後1時過ぎ。セオリー通りにまずテントを張ると思いきや、、、

TAMATEBOXがまさかの「ゴメン、30分だけまずお昼寝していい?」ターイムに突入!!(>ε<)…標高2200m、ポカポカ陽気、、、まさにThat was the best nap I've ever had!(人生で最高のお昼寝っす!!)

e0081080_738686.jpg


その後は各自で自由行動。オイラは頂上の岩山に登って一人でJ-popを50曲位熱唱していました♩(>ε<)…世界に一つだけ~の花♩

一方その頃、達人サギーはかわいいシカ達に遭遇していたそうな!!

e0081080_7501753.jpg


その後は待ちに待ったディナータイム!!、、、と言っても山頂ではドライフードのみです。水しか手に入らない環境(その水も消毒剤を入れるか煮沸させないと飲めない。)ので、凝った物は作れません。

疑心暗鬼でお湯を入れて待つ事10分〜15分。中がこんな感じで膨れ上がってきました。そしてお味の方は、、、

e0081080_12455124.jpg


これが予想に反して普通にウマい!笑。味もミートソーススパゲティー味もあれば、本格インドカレー、マカロニ&チーズとバラエティーも豊富です!!皆で食べさせ合いをしながらワイワイとディナーを楽しみました♩

e0081080_9262844.jpg


とここで、大事な情報もキチンと書いておかないとですね。
Q: キャンプ中に用を足したくなった時はどうするか?


e0081080_12593677.jpg

A: この様にスコップで地面に穴を掘ります。
そのまま野グってはイケません。ちなみに今回、オイラ達の合い言葉は「Do Business(ビジネスしてきます)」でした!笑。

そして一番大事なのは寝る時に、食料はモチロンの事、匂いのある物は全てを一つの袋に入れて、テントから遠く離れた木の上に吊るしておきます。万が一、クマに遭遇した時の為だそうです。

それでは話を戻しまして、、、、日が暮れた後は、定番のキャンプファイヤー!!そしてポケットサイズのウィスキーをグビグビっとw

e0081080_12485661.jpg


その後、満天の星空を何時間も眺めていました。モチロン山のてっぺんなので、遮る物も何も無くまさに絵にも書けない、写真にも撮れない美しさって感じでした。地平線の端から端まで180度、見事な天の川が掛かっていた夜空に言葉を失う♩(>ε<)………。

あの星空を皆さんにも見せたいので、是非カナダに遊びに来てくれたら一緒にカナディアンキャンプしましょう!!オイラもそれまで色々と道具を揃えたいと思います♩

さすがに夏と言えども、夜中と明け方の冷え込みはハンパじゃなく凍死するかと思いましたが、とにかく最高!!カナダの大自然!!本当にありがとう、サギー!!(>ε<)…Thank you, Sagar!!

最後に達人サギーが夜明け前に撮影した、この山頂からの写真でお別れしたいと思います。横長の写真なので、このブログにウマく載せれませんが、パソコンからご覧の方は写真をクリックしてみて下さい。写真が拡大されて雰囲気が伝わると思います。

さらによーく耳をすますと、この黄色いテントの方からオイラのイビキ声が聞こえてくるかもしれません!笑。


e0081080_1313916.jpg

[PR]

by tamateboxgold | 2011-09-07 14:40 | カナダ生活 (2009.3〜)

「プライド パレード (Pride Parade) in バンクーバー」

どうも。いつも通ってるスポーツジムで毎週水曜に体育館でフットサルの時間があります。世界中の人達(特に南米系の比率が高いのでアツい!!)とサッカー出来るのを楽しみにしているんだけど、どーしても室内サッカーの"壁パス"が地味に納得出来ないサッカー小僧のTAMATEBOXです!!(>ε<)…あれ、な~んかズルくないすか?!ラインをはみ出たら素直にスローインにしませんか?笑。

さてさて、今回は素敵なお話。ここバンクーバーでは毎年8月の第一日曜にPride Parade (プライド パレード)と呼ばれるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの人々)のコミュニティーと権利をサポートする一大仮装イベントがあります。

今年で33年の歴史を誇る夏の風物詩的なイベントで、150組を超えるパフォーマー、蒼々たるスポンサー(大手銀行、地元TV局、警察、消防、学校、大手スーパーに大手レストラン等々)、そして50万人以上の観客が沿道を埋め尽くします。シンボルカラーは多様性を意味し、どこにも染まらないというメッセージが込められたです。

色々と調べてみたら、サンフランシスコやシドニーなどを中心に世界では6月の下旬にこれらのパレードを行う都市が多いみたいですね。カナダの都市ではトロントで行われるパレードが最大らしいですが、カナダ西部ではバンクーバーが一番の規模だそうです。
それとここバンクーバーがあるBC州は北米の都市の中でも同性愛者のコミュニティーが大きく、2003年にオンタリオ州と共にカナダで最初に同性婚を認めた州だそうです。こういう多様性を大事にする社会って凄く大切だと思うんですよ♩(>ε<)

人間には自分を一番分かってくれる人が必要で、その相手がたまたま自分と同じ性だっただけで、何も違わないんだよね、とオイラは思います。愛だろ、愛っ!!って事です。

ではでは、こんな壮大なイベントに言葉は必要無いと思うので、画像のアップデート容量が許す限り、このお祭りの雰囲気を皆様も味わって下さい♩(>ε<)…去年の写真もちょびっと入れてまーす。

e0081080_1793956.jpg


e0081080_17112574.jpg


e0081080_1724996.jpg


e0081080_17131247.jpg


e0081080_1714155.jpg


e0081080_17152219.jpg


e0081080_17161682.jpg


e0081080_17191666.jpg


e0081080_17172221.jpg


e0081080_17195860.jpg


e0081080_17203427.jpg


e0081080_1722735.jpg


e0081080_17223098.jpg


e0081080_17242495.jpg


e0081080_17244215.jpg

[PR]

by tamateboxgold | 2011-08-04 17:33 | カナダ生活 (2009.3〜)

「バンクーバーでの素敵なランチ」と「31歳、増々ビンビンです!」

どうも。自宅のTVの数ヶ月間無料視聴キャンペーンが終わり再び映らなくなってしまったので、TVを見る為にスポーツジムに入会し、小型TV付きのロードランナーでひたすら走るテレビっ子のTAMATEBOXです♩(>ε<)…マイブームはFood Network(料理専門チャンネル)とHGTV(日曜大工、ハウジング専門チャンネル)ですかね♩

今日は新コーナーというかいつもtwitterの方でつぶやいている「今日のランチ 〜バンクーバー編〜」をブログ用にまとめてお届けします。

オイラの会社はみんな仲が良くて、部署同士もしくは他の部署も交えてよくランチを食べに行きます。お昼前になると誰かからか「今日どこにランチ行く?」と社内メールが回ってきます。会社はコールハーバー近くのビジネス街にあるので、最初は近くのお店限定だったのですが、段々とエスカレートして行動範囲が広がっていき、最近では行くまでに20分近く掛かってしまうお店も?!その内、「今日のランチにはパスポートが必要です。」とか誰か言い出しそうで怖いです!笑。

ではでは究極の優柔不断児のオイラが悩みに悩んだ末にオーダーした料理をご覧下さい。

まずは、Alberni Stにあるタイ料理店Pink Elephant。内装がモダンな雰囲気、でもちょっとPricy(お値段高め)なので会社のランチというよりはデート向けだねって事で一同納得。個人的にはタイ料理店は金ピカのお釈迦様や像の置物が角に置いてある様な雰囲気が好きですね。
e0081080_143367.jpg
 (写真は公式facebookから拝借)

いつもタイ料理では定番のパッタイ(タイ風焼きそば)しか頼まないので、冒険してGai luk tung(発音忘れましたー!汗)って方をチョイス!
e0081080_1114278.jpg


普通に美味しかったんだけど、食いしん坊の同僚がトムヤムクンとレタスで巻く春巻きとカレーが一品選べるランチスペシャル($16)を頼んでるのを見て、そっちを頼んでおけば良かったと後悔!ヾ(-д-;)…今だに夢でうなされる位悔しいです。

次はRobsin stとBute stにあるMoxie'sのBeef Dipです。(Moxie'sはチェーン店なので、他の場所でもチラホラ見かけます。)
e0081080_1173551.jpg


ビーフ・デップとはローストビーフのサンドウィッチをビーフブイヨンなソースに浸けて食べるカナダ料理です。カナダ在住なのにまだ試した事の無い方は是非!オイラはハンバーガーを頼む位ならこっちって程好きですね。

続きましてはRobson Stにあるギリシャ料理店White Towerのラザニア&ガーリックブレッドセットです。これで$7,95とはお得!!(ちなみにオイラのランチ予算はお弁当系なら$5、外食なら$10以内が一応の目安です。)

e0081080_1292841.jpg

このWhite towerは夜中までやってるお店って印象が強かったので、ランチも開けてるとは意外でした。普通に美味しかったです。というかグリーク料理ってどれも美味しいですよね。

続きましても、Robson StにあるSushi MartのChirashi Bowl。お値段はちょいと高めの$12.50。(はい、さっそく予算オーバーですw)
e0081080_1342714.jpg

久しぶりの日本食でなのかワサビでなのか、、、目頭がツーンと熱くなりました。

続いては超オススメのお店。Howe stとw. Pender stにあるベトナム料理のJoyeaux Cafeです。いつもビジネスマンで混みまくりの人気店で、12時過ぎに行ったらなかなか座れません。なので、このお店に向かう時だけは皆で11:50分からお昼休憩を取り早歩きで向かいます!笑。ベトナム料理定番のPhở(フォー)は最高!

e0081080_139489.jpg


同僚イチオシのlemongrass chicken combo(レモングラスチキン定食)もかなりの満足度です。
e0081080_1391295.jpg


最後はBallard Stとw. Pender stにあるアイリッシュパブのSmileysで食べたMussel(ムール貝)です。ココナッツミルクが効いていて凄く美味しかったです。
e0081080_1523768.jpg

ここBC州だからかなのかなんなのか。ムール貝はとにかく凄く人気だと思います。どう比べていいのか分かりませんが、サーモンより人気なのでは?!と思う位!笑。でもとりあえずオーダーすると「Good call! (ナイスチョイス!)」とよく言われます。(>ε<)

以上、ランチ特集兼プチ食べ物トリビアをお送りしました。

いやー自分でいうのも恐縮ですが、オイラはなかなかの幸せ者だと思います。自分と同じ(それ以上?!)に食べ物に情熱を燃やす同僚達に囲まれてるなんて!!(>ε<)…涙もぐもぐ♩

e0081080_1574711.jpg

e0081080_158089.jpg


PS:今月7月4日で無事に齢31歳になりました。メールやfacebook等で沢山のメッセージありがとうございました。31歳、男やもめ、さらに多方面にビンビンとアンテナを張ってイキたいと思います。誕生日が来る度に思うのは、20歳の自分より、25歳の自分より、30歳の自分よりも、、、今の自分が一番イケてると自信を持って日々頑張っていこー!って事です。(>ε<)…以上、"もう歳だからさー"って年齢自虐ネタが大嫌いなTAMATEBOXでした♩
[PR]

by tamateboxgold | 2011-08-01 02:08 | カナダ生活 (2009.3〜)

「人生初のロッククライミング」と「人生初のエチオピア料理」

どうも。"スポーツマン ヒップに もっこり"こと元々は運動大好きのTAMATEBOXです♩(>ε<)…最近は胃袋しか運動させてませんでしたが!笑。

最近、アフターワークのプライベートを充実させるべく、何かこっちで運動(もしくは習い事)でも始めようと画作中のオイラ。たまたま専門学校時代の飲み会があり、久しぶりに先輩プログラマーで巻き舌関西弁のTatsu君に会ってそんな相談をしていたら、「今、ロッククライミングにハマってるんやけど、一回やってみるぅ?めっちゃおもろいでぇー」と。

というワケでさっそくトライアル体験してきました。場所はメイン駅近くのCliffhangerというロッククライミング施設。

e0081080_23423570.jpg


中に入るとお菓子のCMでも撮影してるのでは?と思う程にカラフルな岩が壁一面に!!

基本的には2人一組で片方がロープを持ってあげて、ぐんぐん登っていきます。ルールは石の周りにテープが貼ってあり、緑なら緑のルートだけを掴んで登るって感じです。

e0081080_23441228.jpg


この2人一組の方は最初にロープの講習を受けないと行けないらしく、今回いきなりは無理だったので、個人練習用の方へ。もの凄い腕の太さをした常連さん達が色々なトリックをやっておりました!!(>ε<)…かっ、かっこいい!!

e0081080_23484666.jpg


さて、長年ブレイクダンスをやっていたので、自体重を持ち上げたり懸垂は大好きなオイラ。久しぶりの運動という事でロサンゼルス生まれのスポーツウェア・SUW WEARを数年ぶりに押し入れからひっぱり出してきて気分(Tシャツのみw)はイチロー選手!笑。

e0081080_2352418.jpg


なんとなくイケるっしょ?と軽い気持ちでチャレンジしてみたものの、自分の体が岩の様に重くなっていた現実に直面し、初心者の黄色コースの石を掴んだまだ一歩も動けなくなるTAMATEBOX!!ヾ(-д-;)

e0081080_03480.jpg


このもがき苦しんでいる顔があまりにもお見苦しいので今回、モザイク処理を施しております。なおこのブログの有料会員向けのメルマガでは、この写真のモザイクを外した画像がご覧頂けます。(注: モチロン冗談ですw このブログに有料もクソもありませーん!笑。ただ"有料会員向けのメルマガ"って一度言ってみたかっただけです!汗。)

結論から言うとキツ過ぎるけど超面白かった。そして、、、オイラの心の中とおケツに火が付きました。

しかも「ウチからメイン駅まで毎回通うのは若干大変だなー」とポロっとこぼすと、Tatsu君がキムタク主演のドラマ「HERO」に出てくるバーテンダー並みの低くて渋い声で、 「、、、あるよ。」 と言って余っている自転車(しかもBMX)を激安で売ってくれました♩(>ε<)…なんてイイ奴なんだ!!

e0081080_0193774.jpg


つ・ついにTAMATEBOXがカナダ生活3年目にしてチャリンコをゲットしました!!これで、夜中に小腹が空いても肉まん一個を買いにチャイナタウンにビューンと行けちゃいます!笑。機動力が+50はアップしました。

しかもこのBMXが普通の自転車に比べてめちゃくちゃ癖があるので、乗ってるだけでエクササイズ効果が期待できそう!!これにTAMATEBOX三種の神器の一つであるヘッドスピン用のヘルメットを合わせて完璧!!なんだか偶然にも色味も合ってます。

e0081080_0263776.jpg


これはもうやるきゃゃない!!という事で、本日ロッククライミング用の靴を購入して入会してこようと思います。本物の山にデビューするのはいつのことやらですが、まずはしっかりこの室内施設で基礎体力作りをして挑みたいと思います。

がっつりと運動した帰りはコマーシャルドライブstにあるエチオピア料理のお店へ!!

e0081080_0354870.jpg


なんだか室内の内装もとってもオシャレです♩

e0081080_0364063.jpg


昔アフリカ料理のお店でバイトしていたというTatsu君のおススメの定番料理を注文してみました。

e0081080_039918.jpg


ピリ辛のお肉に包帯みたいにクルクル巻きになっているクレープをこの様にちぎって摘んで頂きます。

e0081080_050487.jpg


このクレープは酸味が効いていてかなり病み付きになっちゃうお味です。このお店メモメモ♩(>ε<)

これからオイシイ物は程々にしつつ、キン肉マンに出てくる岩男(イワオ)の様な体系からキン骨マンな体系にまで体を絞っていくだわさ!!(>ε<) …ムヒョヒョ~!


やれるのか、オイと思ったらクリックおねげーしやす♩
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

参加中のブログ村ランキング

[PR]

by tamateboxgold | 2011-06-29 00:48 | カナダ生活 (2009.3〜)

「スノボの聖地ウィスラー」と「東北生まれJ-HIP HOP育ち」

どうも。"オレは東北生まれ J-HIP HOP育ち〜♩"のTAMATEBOXです。(>ε<)…Yo ちぇけらっきょ!

先月末(5月末)、ついにカナダ生活3シーズン目にして、念願のスノボの聖地・ウィスラーに行ってまいりました!(>ε<)…コラコラ、シーズン終わりかけじゃねーかよ、っていうツッコミは無しで!汗。

というのも東京生活時代からのお友達、ムラサキスポーツ上野本店のライダー・OKB君が今年もウィスラーに滞在していたのです。
e0081080_1721488.jpg

せっかくカナダに居るんだしという事で、現地で合流し一緒に滑ってまいりました♩

バンクーバーから車でたったの2時間半。そこは世界中のスキーヤー・スノーボーダーが集まる巨大スキーリゾート地!!
e0081080_1723438.jpg

数年ぶりの旧友との再会に感動のシーンと思いきや、アスリートなOKB君から浴びせられた言葉は「太り過ぎだよー!!」「デブ、お前、本当にヤベーぞ!!キモーい!!」の罵詈雑言、、、ヾ(-д-;)

ここで、最近このブログを読み始めてくれた読者にTAMATEBOXがどの位太ってしまったかを検証する写真を一枚。

e0081080_17233242.jpg

左がたびたびこのブログに登場するまだダンスをやっていた頃のオイラ、右がここ数年すっかりウエスタンフードで肥えてしまい、どう見ても南海キャンデーズの山ちゃんにしか見えないオイラです!汗。

話は戻って、長距離バスで終点ウィスラーに着くと目の前にはヴィレッジと呼ばれる200を超えるショップ、90以上のレストラン、120を超えるホテルやコンドミニアムが建ち並ぶ大広場!!日本のスキー場+温泉街の雰囲気も最高だけど、外国のバー+バックパッカー宿が集まるこういう雰囲気も最高です♩

e0081080_1724062.jpg


勿論、到着した夜はこのヴィレッジ内にある雰囲気の良いアイリッシュバーでまずは再会を祝いビールとカナダ名物・プティーンで乾杯!!明日の滑りの為にまずは体力付けんと。

e0081080_17242213.jpg

次の日は朝からスキー場へ。ウィスラーとブラッコムというデカい2つの山に200以上のコースを備えるこのスキー場は、オイラが昔よく行ってた日本屈指の大きさを誇る山形蔵王スキー場の何倍あるんだよ?と思う様なスケールの大きさ!!
e0081080_17245766.jpg

…ちなみに調べてみた所、あの山形蔵王の10倍だそうです!汗。シーズン終わりのこの時期はどちらかの山のコースが閉まってましたけど、それでも十分過ぎる大きさ!!

そしてOKB君の友達のバートンで働くYUMA君とALTS磐梯でインストラクターをやっていたこにたんと途中で合流!ていうか、みんなウマ過ぎー!!(>ε<)…キャー、置いてかないでー!!!!汗。と一瞬思いましたが、冷静に考えてペースが違い過ぎるので置いていって貰いました!笑。

肝心のオイラの滑りですが、数年ぶりという事で口は悪いが根は優しいOKB君に最初の数時間、付きっきりで細かく個人指導して貰ってからスタート。うーん、こんな丁寧なプロの個人指導をしてくれるなんて。持つべき物は友です!涙。(>ε<)…ありがとう。OKB君!!

3〜4年ぶりに滑ったわりには、なかなか体が覚えていたらしく、激しく転んでそのまま雪だるまになって下まで落ちて行く古典的な漫画の一コマの様な展開にはならず。。。ふふふ、なかなかやるじゃん?オイラ。。。と思ったのも束の間、予想以上に体力が落ちていて、少し滑っては疲れてその場に倒れ込み→休憩、また少し滑っては→休憩、、、な展開で最後には四つん這いの状態で泣きながら鼻水を垂らして一歩も動けなくなり「、、、コーチ、、もう、僕、、、動けません。。」と結局、古典的な漫画の一コマの様な展開に!ヾ(-д-;)…来シーズンは体を作って、リベンジを誓うのでした。

途中で今までの人生が走馬灯の様に蘇ってきましたが、それでも鬼教官のOKB君の「がんばれ、このままで悔しくないのかー!」や「がんばれ!このままだと本当にオタク野郎になっちゃうぞ!」の愛のムチでなんとか降りてこれました。しかし、スノボってこんなにキツいスポーツだったのね!汗。

その夜はOKB君繋がりのお友達の家で、パーティー!!メインデッシュは今回一緒に滑ってくれたオーストラリア育ちのYUMA君が作ってくれた手作りナチョス!!(>ε<)

e0081080_1726467.jpg

…ナ、ナチョスを手作りだとぉ?!なんてイカしてるんだ!TAMATEBOXに新しい目標が芽生えました!笑。

みんな日本でスノーボードのインストラクターなどをやっていたスノボを愛する人達の集い♩1人だけイロモンのTAMATEBOXは食うわ、飲むわ、踊るわ、朝青龍の顔真似するわで、打ち解けさせて貰って楽しい一時を過ごしました。ありがとう、みんな。君達のコアなスノボ・トークにはまったく付いていけてなかったけど、とても楽しい一時だったよん。

次の日、バスの時間まで余裕があったのでウィスラーの山道をお散歩してキレイな湖でまったりしながら、

e0081080_1729579.jpg

近所のバーで美味しいと評判のコーンビーフサンド+ビールを頂く♩

e0081080_17264538.jpg

仙台名物の牛タン並みにうまかった♩(>ε<)…このウィスラーは冬のスノボシーズン以外に夏場もハイキングやら乗馬、マウンテンバイクなど一年中大自然が楽しめるリゾートなのです♩

それから数日後、帰国前日のOKB君に一晩オイラの家に泊まりに来て貰う。実はこのOKB君、毎年の様にウィスラーに来るものの、スノボの為に普段は空港からウィスラーに直行してしまうので、バンクーバー市内にあまり長時間滞在した事が無いとの事。是非とも今回バンクーバーも楽しんでいって欲しかったのですよ。

偶然にもOKB君が来てくれた日はカナダの国技であるアイスホッケーのNHLで我らのバンクーバー・カナックスがセミファイナルを制し、決勝にコマを進めて街はお祭り騒ぎ!中心部のロブソン通りとグランビル通りが歩行者天国になり大騒ぎ!OKB君もこの雰囲気に「バンクーバー市民、テンション高けー!!」とご満悦。例えるなら、「頼むから一日だけ街に寄ってってよ!」って言われたその日が青森のねぶた祭りだったみたいな感じでしょうか!笑。オイラもバンクーバの良い部分を見せられて嬉しかったっす!!

e0081080_17325054.jpg

今回、雪山の写真は全部OKB君からお借りしました。実はオイラもスノボ中にカメラを懐に忍ばせて行ったのですが、滑るのに精一杯で結局一枚も撮る余裕が無かったので!汗。え?オイラが一枚も映ってないから、ただウィスラーで食べまくって来ただけで本当は滑ってないんじゃ?!って?いや、ちゃんと滑りましたよー!汗。ねー、皆?ねー、ねー??ヾ(-д-;)


ちょちょちょ、騙されたと思って、、、ポチっとな♩
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

参加中のブログ村ランキング

[PR]

by tamateboxgold | 2011-06-13 18:13 | カナダ生活 (2009.3〜)

「映画ハングオーバー part 2」と「ブラジル料理の食べ放題」

どうも。最近、生野菜のズッキーニをボリボリ食べるのに夢中のTAMATEBOXです。(>ε<)…いやー、昔からきゅうりが大好きだったので、"そっちの気"はあったんですけどね!笑。

休みの日の得意技であるAll you can eat(食べ放題)ランチ+映画鑑賞+αを友達(♂)と満喫してきました!笑。

まずはランチで向かった先はアルバーニ通りとサーロー通りにあるブラジリアン料理のステーキハウス・サンバ。

e0081080_15573144.jpg


さっそく鼻息荒く中に入ろうとすると、、、同じビルの2階にはこれまた大好物のDim Sum(飲茶バイキング)のチャイニーズレストランが!?うーん、どちらにしようかな〜(Eeny meeny miny mo,,,イニミニマニモ、、、)と外で悩む事、15分、、、、。

結局、初志貫徹、血沸き肉踊るステーキに決定。

e0081080_161547.jpg


中はブラジルの国旗に彩られた広い店内。

e0081080_1631384.jpg


日曜のランチスペシャルは$19でステーキ食べ放題。システムはまずサラダバーで野菜を盛りに盛って、、、

e0081080_166315.jpg


ブラジルの国民食である豆と豚肉を煮込んだフェジョアーダを盛りに盛って、ステーキを待ちます。このフェジョアーダ、、、Jリーグが開幕した頃によくラモス瑠偉選手がブラジルと言えばこれだよ!これ!と紹介してた料理だー!とテンション最高潮!!味は無理矢理例えると、甘くないおしるこって感じもしますが、なぜか病み付きになってしまう味です。

e0081080_169164.jpg


その後、民族衣装(?)に身を包んだ男達が巨大な串に刺さった豚、牛、鳥、ラムなどの肉を切り分けにテーブルを回ります。

e0081080_1692365.jpg


テーブルの上に置かれた緑と赤のカード。緑の面を表にしておくと「もっと持ってこーい」のサイン、ひっくり返して赤い面を表にしておくと「もうGive upっす、、、」のサインです。

e0081080_16144680.jpg


ビールも豪快に頂いて、大満足。その後、街の中心部のバラード通りのいつもの映画館に行くもお目当てのハングオーバー2はどうやら上映して無く、買ったばかりのi-phoneで不慣れた手付きで上映中の映画館を探す事、小一時間、、、。

街の少し外れのチャイナタウン目の前の映画館に到着。普段行く映画館では$13なのに、ここは$9.75ドルで新作が見れました。場所によってこんなにも違うもんなんですねー。

e0081080_16224398.jpg


と、ここで「映画ハングオーバー part 2」について簡単にご説明。

2009年に公開された「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の第二弾。低予算+ほぼ無名のコメディアン達のキャストで制作されたにも関わらず全米コメディー史上過去最高のヒットを飛ばしたあの映画です。なぜかこの映画は映画評論家の町山智浩さんがしきりにリコメンドしてくれてたのを思い出すのはオイラだけでしょうか。

物語は結婚前のバチェラーパーティー(新郎の独身最後の夜を男達だけでバカ騒ぎして過ごす伝統行事)がテーマ。前回はラスベガスにて新郎と教師のフィル、歯科医のスチュ、そして婚約者の弟のアランの4人でパーティーを行うも、次の日起きてみると記憶が全て飛んでいてフィルの歯が抜け落ち、部屋にはマイクタイソンのトラがいたり、見知らぬ赤ん坊が寝ていた挙げ句に新郎が消えてしまったという絶対絶命の状態に?!なお話。

今回は歯科医のスチュの結婚式でタイに乗り込んだおなじみのメンバーがこれまた同じ過ちを犯し、朝起きるとアランが坊主頭になっており、今回新郎のスチュの顔にタトゥーが彫られてあり、見知らぬ猿が部屋にいた挙げ句、新婦の弟が行方不明という展開に?!(←たっぷりな情報ですが全て予告編で語られている範囲ですよー!詳しくはハングオーバー2の予告編をご覧下さい♩)

The Hangover Part II - Trailer (You tube)

北米では5月26日より公開、日本では今年の夏に公開予定だそうです。前作を見逃してしまっている方は是非チェックして挑んで下さい。なぜなら物語の冒頭に新婦等に「やべー事になった」と電話を掛ける、ラストのオチまで行くやり取りなど一つの映画のフォーマットとして完成した気がします。なので前作と同じ様な場面になっただけで館内爆笑の渦!!一つ残念だったのが前作でラスベガスのストリッパー役を演じたヘザー・グラハムが今作でも出てくると思ったんですけど、出てなかった気がします。でもカメオ出演のスペシャルゲスト、おなじみのキャラクターなど前回以上にパワフルです!!個人的には新婦の弟を演じたちょいと妻夫木似のMason Leeが良い正統派優等生キャラを演じてましたね。

最高に爆笑した後、まだまだ暑い一日だったのでロブソン通りにあるチョコレートの有名店・Rocky Mountain Chocolateの前でなにやら冷たそうな物を食べている人達が?!

e0081080_1753489.jpg


ここのお店、バンクーバーに滞在経験のある女子ならこのメチャクチャ甘い&美味しいチョコレートが懐かしいのではないでしょうか?

e0081080_17141251.jpg


今日の+αはここのアイスクリームに決定!!(>ε<)…数十種類のアイスの組み合わせが選べて悩みに悩み、、、3段重ねにしたい気持ちをグッと堪えて、2段重ね(トルコチョコレートチップ+ブルーベリープローズンヨーグルト)をチョイス♩

e0081080_17144038.jpg


よし、来週は今回食べ損ねたチャイニーズレストランでDim Sumをお腹いっぱい食べて、同じ映画館で何か新作映画($9.75)を一本、そしてこれまた今回食べ損ねたキャラメルアップル+ペパーミントの2段重ねアイスを頂こう!笑。(>ε<)…あれ?今、ダイエット中なんじゃ?!というツッコミは無しでお願いします!汗。


食べ放題or映画orアイスクリーム情報がタメになったかも?!と思った方はポチっとな♩
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

参加中のブログ村ランキング

[PR]

by tamateboxgold | 2011-06-06 18:03 | カナダ生活 (2009.3〜)