カテゴリ:カナダ生活 (2009.3〜)( 60 )

「日本へ里帰り!」と「自分の人生で一番誇れるモノ!」

e0081080_6314579.jpg

e0081080_6314542.jpg
e0081080_6314497.jpg

e0081080_6314663.jpg

e0081080_6314375.jpg

e0081080_6314341.jpg

e0081080_6313983.jpg

e0081080_6314148.jpg

e0081080_6313544.jpg

e0081080_6313622.jpg

e0081080_6313947.jpg

e0081080_6314045.jpg

e0081080_6314149.jpg

e0081080_6313984.jpg

e0081080_6313894.jpg


7月上旬、日本に里帰り。大阪-道頓堀、食べたかった串カツ、フィジー時代のライバル、お好み焼き。神戸-行きたかった中華街、そば飯、明石焼き、お世話になってるブリーダーさんからの誕生日ケーキ。東京-Hip Hop繋がりのRD君とKI君、刺激的なフィジー時代の仲間、マコ(焼肉屋の店長)んちのお魚中心の晩ご飯、親友の新婚夫婦が作った自家製トマト。宮城-愛猫リズム君、第三のビールって知らなかった金麦、中学時代からの友人達。梅田、京橋、三宮、下北沢、高円寺、中野坂上、新宿三丁目、王子、自由が丘、川崎、池袋、そして地元、、、。皆口々に「忙しいだろうから、自分はちょっと会えるだけで全然イイよ!」とほんの数時間の為に出てきてくれたり、夜中0時からでも笑顔で会ってくれた。”A friend in need is a friend indeed(まさかの時の友が真の友)”。自分の人生で一番誇れるモノって、こんな素敵な仲間達だな、って思った夏の熱帯夜。ではベタな英語のジョークで今回は締めさせて頂きます。「What ship never sinks?(絶対に沈まない船は?)」「Friend-Ship!!(フレンドシップ=友情)」
[PR]

by tamateboxgold | 2012-08-20 06:34 | カナダ生活 (2009.3〜)

バンクーバーNo.1のカンボジア料理店とチーズケーキのお店

どうも。iPhoneの充電器を会社に毎日持っていく様になったら、明らかに職場での存在感が増したTAMATEBOXです♪(>ε<)...最近になってようやく人様の"ニーズ"が分かってきました。他の部署も含めて一日に2人はオイラの机にやって来ます!笑。

先月は急遽、約一年ぶりに日本に里帰りしまして、急なスケジュールにも関わらず、沢山のお友達と近況をキャッチアップする事が出来ました。爆笑!食い倒れの日本滞在記は後日に筆を改めますが、今回遊んでくれた&お世話してくれた皆さん、本当にありがとうございました。会えなかった皆さん、ごめんなさい!次回は必ず一献酌み交わしましょう!で、帰国後は少しバタバタしていたのですが...久しぶりのブログ更新です。

今回、久しく会っていなかった友達から一斉に...「いつも何食べてたらそんなに太るの?」、「いつからそんな北米サイズの体になっちゃったの?」と沢山のご質問(お叱り)を承りましたので、アンサー・ソングならぬアンサー・ブログとして毎度×2のバンクーバーのグルメ情報です!笑。

世界各国からの移民が集まり、世界中の料理がファーストフード感覚で楽しめるここバンクーバーはフーディー(美食家)にはたまらない街です。今回は今まで有名過ぎて、紹介する事すらスルーしてしまっていた超人気店をご紹介!

まずは、チャイナタウンの入り口にあるカンボジア料理のプノンペン(Phnom Penh)!メイン通りとウエストジョージア通りにあります。

e0081080_1711481.jpg


店内はいつも混み合っていて、30分~1時間待ちは覚悟です。ヾ(-д-;)

e0081080_1721822.jpg


ここのお店はなんと言ってもChicken Wings(チキン・ウィング)が有名!カラッと揚った衣にガーリックの香ばしい匂いが最高!秘伝のタレでいただきます。

e0081080_1792963.jpg


もう一つの看板メニューはButter Beef(牛肉のカルパッチョ)!これまた秘伝の甘辛ダレにパクチー全開です!!

e0081080_17111847.jpg


カンボジア料理という事で、カンボジアヌードル!オススメはずーっとNo.6って番号で覚えていたのですが、最近メニュー表が新しくなって、No.6じゃなくなっちゃったかも?なこのドライヌードル!(英語で"二種類のタレがなんたら"ってヤツです。)

e0081080_17191337.jpg


ご飯モノをガッツリ食べたい人にはこちらのluc lac beef with fried eggがオススメです。No.35かな?

e0081080_1724254.jpg


ウチの会社でも必ず月に一回、ランチに行きます。わざわざランチでチャイナタウンまで行って帰ってくる為に、事前にワゴン車を用意してくれる熱烈なプノンペンファンの同僚がいるのです!笑。大所帯なので予約して、行列を避ける為に11時半に出発する用意周到ぶり!笑。

e0081080_1734464.jpg


次はもの凄く美味しいチーズケーキのお店のTrees Organic Coffee!バンクーバーに4店舗展開してますが、このグランビル通りとウエストヘイスティング通りのお店を紹介です。

e0081080_17594451.jpg


ここのチーズケーキはどれも美味しいですけど、オイラはいつもニューヨーク・チーズケーキをチョイス♪(>ε<)

e0081080_1804555.jpg


...が、最近になってここのチーズケーキを超えるかも?なお店を発見!知る人ぞ知るまではいきませんが、ダウンタウンから橋を超える。夜7時からしか開かないっぽい。店長がファンキー。お持ち帰りがメインらしい。との情報で、何度か友達が買ってきて貰いましたが、口の中でとろけまくりの一品です♪

今回一緒に紹介しようと思ったのですが、写メもとろけてしまったみたいなので、次回自分で足を運んで、近日中にレポートしたいと思います!!(>ε<)..それまでは皆さん、食べ過ぎに要注意ですよー!

それでは、実家で発見した8~9年前のオイラの写真(当時23、24歳?)で今回はお別れです。えーっと、今よりも44パウンドくらい痩せています。。。

e0081080_18203057.jpg




...すいません、濁しました。20キロ近く太ってしまったって事です。今月からまたジム通い始めますん!(>ε<)
[PR]

by tamateboxgold | 2012-08-01 18:48 | カナダ生活 (2009.3〜)

「ウチの中学のジャージのお話」と「角中Tシャツが行く!」

どうも。オイラの本名はタマテ ヒロシなんですけど、小中学校のアダ名が「玉手だまって!」と「ひろシィー(指で口元を押さえるしぐさ)」だったTAMATEBOXですヾ(-д-;)…昔から無駄口の多さはOrigami付きです。

本日は同じ学び舎で共に学んだ同級生の友達との話。実は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のfacebookにはこの様にグループと呼ばれる特定のメンバーだけで掲示板のやり取りが出来る機能があります。(画面左下に注目!)

e0081080_14201951.jpg


ここで宮城県角田中学校(通称、角中:カクチュー)の同級生40人位と時々チャットしています。近況報告から飲み会の開催、昔誰が一番足が速かったか?話など様々。時にTV・新聞に出まーす的なアチーブメントネタもあると思いきや、イラストレーターで地元の商店街の地図を再現したり、卒業アルバムの恥ずかしい写真をフォトショップで加工してアイコラを作ったりと盛り上がりを見せております!笑。

元々は東日本大震災の後に、東京に住んでる同級生数人とオイラで作ったグループだったのです。震災発生時、同級生の安否確認をしていて、なかなか連絡が付かない人が多かった反省から、「もし今度何かあった時はこのfacabook上で同級生同士で繋がって、少しでも安否確認をスムーズに出来る様にしよう!」と呼びかけ合ったのです。

その後、今年の正月に女性陣が厄年を迎えるという事で、厄を吹き飛ばそうと十数年ぶりに地元で同窓会を開催。(オイラは残念ながらラスベガス旅行中だった為、参加出来ずでした。)

その時にも地元の友達が動いてくれて沢山の人をfacebookに誘ってくれたんです。全校生徒が男女合わせて260人位だったから、40/260人で約1/6です。この比率はITリテラシーが高いのか低いのかイマイチ分かりませんが、まーまーの数の人が既に参加してくれています。備えあれば憂いなしっ!

ここで一番の目玉な話題があります。それはこの"角中Tシャツが行く!"大作戦。

e0081080_14183872.jpg


実はウチは女子が水色、男子が青のジャージで、一人ひとりの苗字がローマ字でアップリケ的な物で背中にプリントがしてあったのです。普通ジャージの名前は左下の白地の布の所にそれぞれがマジックで書くスタイルが主流だと思うんですけど、なぜかウチの中学はそこに無駄にお金を掛けていて、、、笑。

近隣の他の中学校には珍しかったらしく、「おい、TAMATE!」振り向くオイラ。「うわっ、振り向いた!やっぱりアレ苗字だったんだ!」「うん、俺さっき、TANAKAって書いてある奴を見かけたから間違い無いよ!」などとよくコソコソ言われてました!笑。

そんな思い入れ(?)の強いジャージを、幹事さん達がなんとTシャツに改造して、一人ひとりに丁寧に背中にプリントも付けてあげて、同窓会の記念品にしたそうです!

仕掛け人は以前にこのブログのシリーズ・RESPECTでも紹介したモンキーマジックさんを始め、フジロックフェスティバル等の公式Tシャツを手がける同級生のAZOTHミチオ君 (左)と早稲田大学情報理工学科の知覚情報システム研究室で会話の出来るロボットを作っている科学者松山君(右)!

e0081080_1443631.jpg


そしてなんと、この同窓会の為にプロモーションビデオまで製作するコリっぷり!それがこちら!必見です!

角田中学校同窓会 角中ジャージ風Tシャツプロモ



もちろん高画質版もあります!笑。こちらからどうぞ! →Moving on - 角田中学校同窓会2012 記念Tシャツ

どうですか?皆さん。この"アホ"と"かしこ"と"ヤンキー"がひしめき合う角田中学校の(自称)黄金世代こと、我ら平成7年度卒のこのクリエイティビティー!(>ε<)

ただの記念品なんかじゃない!お楽しみはここから!とこのTシャツを着て、日本各地、そして世界の観光地で記念撮影大会!笑。その一部をご紹介♪

仕掛け人その1:ミチオ君の『富士山と角中Tシャツ』

e0081080_14413475.jpg


さらにもう一枚。 『道頓堀と角中Tシャツ』

e0081080_14415026.jpg


仕掛け人その2:松山君はNew Yorkの学会に出席した際にこの一枚。 『自由の女神と角中Tシャツ』

e0081080_1442467.jpg


そしてバスケ部キャプテンも中国出張先でこの一枚。 『万里の長城と角中Tシャツ』 

e0081080_14545792.jpg


このシャレオツな大人の遊びが反響を生んで、同窓会にこれなかった人からも注文が殺到!現在、粋な計らいにより希望者全員に届けられております。もちろん、ここカナダのオイラの元にも。

さてさて、普段から海外に住んでいるこのTAMATEBOXには嫌が上にも期待が高まります。最低でも世界遺産クラス(ナイアガラの滝級)が求められております。ヾ(-д-;)...これはトゥー・マッチ・プレッシャーです!汗。

ま、皆さん、このTAMATEBOXがどうひねってくるか期待してて下さい。決行の日は近いです!

しかし実名制がなんやかんやと言われているfacebookですが、実名制だからこそ出来る事もあります。例えば同窓会の出席の有無とか。ま、元々facebook自体、ハーバード大学の学生名簿的なサービスからスタートしたので理には適っていますよね。

オイラはそんなに遠くない未来、このfacebook内で本物の同窓会の出席の有無が取れる時代が来ると信じています!(キリッ ←(注)昔、mixiが流行った時にも同じ様な事言ってましたが!笑。

お後が宜しいようで。。。
[PR]

by tamateboxgold | 2012-06-11 15:27 | カナダ生活 (2009.3〜)

「TAMATEBOX的人生論」と「25歳の君へ...。」

どうも。カロリーメイトの袋って意外と分厚くて、開ける時ちょっと大変じゃね?でおなじみのTAMATEBOXです。(>ε<)...深爪がディフォルトなもんでして!

e0081080_5122442.gif

このブログは流れの中での得点ならぬ友達(地元・宮城の友達&家族、東京時代の友達、フィジー留学時代の友達、カナダ生活の友達)に向けて近況報告も兼ねて書いているのですが、フィジーの留学会社などで今だに「卒業生の面白ブログ」として紹介して貰っていたりと意外にもそっち方面からの反響も大きかったりします。直接お会いした事は無いけど、これから留学を考えている大学生、社会人から留学のアドバイスを求められる事も実は多いんですよ。凄く光栄な事なので自分が出来る範囲でアドバイス(主にどう費用を抑えるかを中心にw)を時々させて貰っています。

今日は趣向を変えて、25歳前後の皆さんに向けて伝えたい事があります。なぜ25歳かと言うと、ふとこの年齢の頃に相談をくれる人が多いなーって思ったのと、自分自身も24-25歳で大きなターニングポイントがあったからです。

なので語り口は"君"って事になっていますが、特定の誰かではなく...今25歳で悩んでる君、25歳の頃オイラと熱く語った事のある君、そして過去の25歳の自分に向かっても話しています。「あれ?もしかして自分の事言われてる?」ってちょっとでも思った人、そうです、そんな感じです。25歳の頃に特にオイラとカラんでいなかった人も自分が25才だった頃を思い出して読んでくれると嬉しいです。

--------------------
25歳の君へ

君は今、人生の大きな岐路の前に立っていると思います。目の前にあるその大きな変化がチャンスなのか?それとも人生を台無しにしてしまうモノなのか?好奇心と恐怖心が交互に現れて、頭の中は成功と失敗のイメージトレーニングで少し疲れ果ててきた頃だと思います。

向上心のある君の事だから、外国の企業で働いている31歳の今の僕を見て、「ちょっと悔しいなー。」なんて思っていると思います。でもね、25歳の時点で海外に目が向いている君(今、海外に留学に来ている君、もう留学を終えて帰国している君)と比べたら僕の25歳の頃よりも既に全然イケてますよ。

僕は君と同じ歳にある大きな決断をしました。その時に心に決めた事が今でも自分の背中を強く押してくれています。今日はそんなお話をシェアしたいと思います。

24歳の頃...2004年頃かな?僕はまだ地元・宮城に居て、派遣社員として工場で働きながらブレイクダンスに明け暮れていました。お世辞にも当時、勤務態度は真面目だったとは思いませんが、実装基盤(パソコンやゲーム機の中に入っている緑色の板にICチップなどを載せる作業)のオペレーターとしてHONDA系列の工場での経験があった為、当時勤めていたN○Cの工場ではこんな自分でも地味に重宝されていました。

折りしも時代は派遣法が最初に大きく改正される頃で、当時すでに派遣社員として勤務している人は工場全体の3-4割、その中で僕が派遣社員から正社員に登用される第一号に選ばれました。当時、高校中退→大検しか取得していなかった自分に取って、地元にある大企業○ECの"正社員"になれるなんて千載一遇のチャンス!だったのです。

しかし正社員のお話を頂いたその日、僕はその話をお断りさせて貰い、会社を辞める決断をしました。それから一ヶ月後...事故った車とギャンブルで作った200万近い借金を抱えて、当ても無く東京に向かった僕はしばらく歩道橋の上で野宿生活をしながら"ある事"だけを考えていました。(この話をすると歩道橋の"下"じゃないの?と聞かれますが、歩道橋の"上"です。あの踊り場的な所。なぜかと言うと深夜0時を回っても下はまだ車も人通りも残っているけど、上はあまり登ってこないから朝までゆっくり寝れる!笑。)東京で初めて迎えた25歳の誕生日は、テーブルも机も無いやっと借りれた3.9畳のボロアパートで芋虫の様に一人で丸くなって寝ていました。

...なぜか?おそらく正社員になれば、4勤2休の交代シフトでおそらく月22-25万スタート、ボーナスは夏2.5倍、冬2.5倍で50-60万ずつスタートは固い+労働組合も強そうなので年率1.20-30%でベース給が上がっていくので、30代に突入した頃にはグヘヘヘヘ...と皮算用も容易に出来ました。きっと好きな車をドカーンと一台買い直して、休日の日にはパチンコ三昧の生活を続けていたと思います。自分の実家とその隣町にある工場、行き着けのパチンコ屋の3箇所が行動範囲の全てでしたから。

でも当時の僕はなんとなく「広い世界を見るのだー!」的な考えが捨てきれなくて、東京でダンスがしたい!ついでにアルゼンチンの先っぽの村とか、スイスの山奥の町にも行きたい!それが叶わなくなるのでは?という考えが頭をよぎってしまったのです。
おそらくお話を頂いたその日に断っていなかったら、僕の"もったいないオバケ"が黙っていなかったと思うので、東京に行く事もフィジーに行く事もカナダに来る事も無かったと思います。元々普通の生活というか安定志向は強い方なので、今思うと変なテンションの時期だっただけかもしれません。

当時の自分にとってあり得ない位のオイシイ話(オファー)で、自分を推薦してくれた当時の課長さんにも本当に感謝しています。それだけに生涯、心に決めた事があります。それは、、、

今後の人生でどんなに上手く行かない事があっても「あの時にNE○の社員になっておけば良かった...」とだけは後悔しない様に、今もこれからも自分が納得してイケてると思える人生を送ろう!

と。その後はご存知の様に東京で揉まれ、フィジーで揉まれ、カナダで揉まれ今に至ります。大体いつもステージが変わる度にイビられたり、吐きそうになる位しんどい時期があったり、イジワルな奴が一人は居たりするのはなんでかなー?と思いつつも何とか今日まで、一切後ろを振り返らずに生きています。

僕のこの経験から25歳の君にアドバイスを送るとしたら...決断自体は対して重要じゃない!重要なのは決断した後に送る人生で、一日でも多く笑って過ごせているか?一日でも多く自分に自信を持って過ごせているか?という心意気の問題だと思います。

ピリっと自分のセンスを出せる君だから、どっちの道に進んでもイケてない人生は歩まないはず?!僕は正直、あの時に地元で就職する人生を選んでいても...絶対にイケてる人生を歩んでいたはずだ!と最近では考えられる様になりました。絶対クックキングパパみたいな料理が上手いマイホームパパになっていたはずだと!笑。

だから自分の直感を大切にして、一旦決断したら今の人生の方が絶対にイケてる!って死ぬまで信じ続けて下さい!これは仕事だけじゃなくて恋愛でも留学でも全てに言えると思います。もしあのままAさんと付き合っていたら?あの時、日本に帰っていれば?海外に残っていれば?なんて考えても野暮。

歴史にifは無い以上に君の人生にifは無いのです。チョイスから外れてる時点で初めから君の人生にプログラムされていなかっただけ。誰もそっちの人生が良かったなんて調べにいけるワケじゃないから、今を大切に生きるしかない。人生は習字の様に"二度書き"禁止の一回こっきりの勝負だから価値があり、人生はやり直せないからこそ儚くも美しいのです。

スティーブ・ジョブス氏は自身30歳の誕生会の招待状に、「ヒンズー教の古い格言によると、"人生前半の30年は人が習慣を作る。人生後半の30年は習慣が人を作る"そうです。この節目を祝う会にどうぞお集まりください」という言葉を添えたそうです。

25歳の野心のある君へ。今から30歳までの5年間で良い習慣を沢山作ってください。そうすれば努力した先の30代にはきっと成功への慣性の法則が働いてくると思います!It's now or never?! (やるか逃げるか?!)
--------------------

今日は会社でビジネスポートレート(宣材写真)を撮り直してたんですよね。で、待ってる時に撮ったこの写真にオイラの東北弁のコメントを添えて本日もお開き、また来週のお楽しみにしたいと思います。やっぱりこういう真面目トークの時はキチンと顔を出して、自分の発言に責任を持っていかないといけない年齢かなと。

e0081080_4412312.gif


『人生成せばなるし、そこまで成さねくたって、なんだかんだでイイ人生だど思うがら、今の自分さ自信持って楽しんでけらいん!Life Fucking Goes On....(何があっても人生はただただ続いて行ぐだけ...)』

Cheers for your life!
31歳のTAMATEBOXより
[PR]

by tamateboxgold | 2012-05-13 05:51 | カナダ生活 (2009.3〜)

「野郎同士の最後の夜...」に「BLUE WATER CAFE」

どうも。正直、ドラゴンボール自体を思い出すかと言われたら微妙だけど、なぜかクリリンの事だけはよく思い出す地球人・TAMATEBOXです。(>ε<)…クリリンは濃い味のキャラでは無いけど、全体的にダシが利いてるよね。

今月上旬、バンクーバーの心の友であるチナマコ氏の独身最後の夜(?)という事で、チマナコ氏、Mr. Webマーケターのでじぼく氏とオイラの野郎3人で、何かいつもと違うBOYS NIGHT OUT(女子会ならぬ、男子会?!)をしようと言う事になり、バンクーバーNo.1の高級シーフードレストラン・Blue Water Cafeで食事をしてきました。(ここでセオリー通りにストリップなどで、バカ騒ぎをしなかった僕達をまずは褒めて下さいw)

e0081080_5281695.gif


おしゃれなレストラン街・イエールタウンの一角にあるBLUE WATER CAFEは、オイラが学生時代に1年間アルバイトしていたお店で、毎年の様にベストシーフードレストランに選出されるバンクーバーのFoodie(フーディー・美食家)の間では知らない人がいない超有名店。水槽にいつもロブスターが泳いでます!!(>ε<)...詳しくは過去記事・「BLUE WATER CAFE」と「英単語クーイズ!!」 を参考に。

おそらくOnce in a blue moon(人生で滅多にない)な機会だったので、今回はそのレポートと傾向と対策!笑。実はスタッフパーティーや新年会で何度か食事をした事はありますが、"一般のお客さん"として行くのは今回が初。まずはアイロン済みのフォーマルな格好で予約した時間に集合。

店内はこんな感じです。ワイン倉庫を改造した様なオシャレな店内は壁一面がワインセラーになっております。

e0081080_5284818.gif


圧倒的なのは、いつか利用してみたいこの超豪華なプライベートワインルーム。ここで何人のセレブリティーが食事をしてきたのでしょうか?オイラが働いてる時だけでもトム・クルーズ、スティーブン・セガール、そして地元のプロホッケーチーム・バンクーバー・カナックスの選手一同など、そうそうたる面子が訪れておりました。

e0081080_5334966.jpg


【お通し】
まず入り口でコート類を預けて席に通されると、オイラが過去に何百個とツマミ食いをしたこの思い出のふかふかパンとバターが出てきます。いくら食べても無料ですが、メイン料理が食べ切れない可能性大なので、1個か2個で我慢しておきましょう。

e0081080_651770.gif


【前菜】
First Plates(前菜)にオススメなのが、このSmoked Sockeye Salmon Terrine($17)。オイラが勝手に"サーモンミルフィーユ"と名付けてます。ここB.C州で取れた自慢のサーモンとそのサーモンをミキサーでムース状にした物を交互に重ねあわせた贅沢で手間が掛かる一品。味はとてもRich(濃厚)です。

e0081080_625969.gif


【ワイン】
分厚いワインメニューから選びます。値段の上限はキリがないので、ここは「Something affordable(手頃な値段の物)」と言って、赤や白など自分の好みをワイン知識が豊富なサーバーへ伝えましょう。今回僕らは一本$90ちょっとのスペイン産の赤ワインをハーフボトル($45前後)でオーダー。凄く飲みやすくて美味しかったです。特に空気とワインが絶妙に混ざった最初の一杯目が凄くまろやかだったのが印象的でした。

e0081080_635411.gif


【サービス品】
オイラが昔働いていたという事で、サーバーやシェフから沢山の差し入れを頂きました。「It's on me.(俺からのオゴりだよ)」と言って持ってきてくれたので、申し訳なかったですヾ(-д-;)…サーバーの皆さんは常連さんなどに本当にポケットマネーから払ってくれてるのを知っているので。
 
オイラ達が日本人という事で、わざわざ寿司カウンターから新鮮なカツオのタタキを、そしてキッチンからは"DASHI"がたっぷり効いている銀ダラのスープを頂きました。ありがとうございます。

e0081080_6244029.gif


e0081080_6242660.gif



【メインデッシュ】
Principal Plates(メインデッシュ)はオイラがキッチンの奥からいつも食べたいなーと目を光らせていた間違い無いこの3品をチョイス。

牛肉のテンダーロイン!($37.50)。こんなに柔らかいステーキを食べたのは夢の中以来です!笑。

e0081080_6441119.gif


大人気の神戸スタイルショートリブ!($43.50)。...こちらでは最高級の牛肉=コービービーフ(神戸牛)です。フォークとスプーンしかなくて実は実証してませんが、箸でもちぎれる程のとろけるショートリブでした。

e0081080_6442691.gif


Last but not least..(最後になりましたが、なんと言っても)、このロブスター(時価。一皿$40-50前後)。味付けはツナ缶で言う"水煮"と"オイリータイプ"の様に、"あっさり味"と"濃厚バター味"があります。せっかくなのでここは濃厚バター味をチョイス。究極にYummy(美味しい)でした。

e0081080_6443934.gif


【デザート】
一流のPastry(お菓子職人は英語圏ではパティシエでは無くペイストリーと呼ぶのが一般的)が作るデザートはどれもオススメです。*全てツマミ食い調査済みです。...が、その中でも今回はこの2品です。

ヌガー・ド・モンテリマール・チーズケーキ ($11)
e0081080_792343.gif


ホワイトチョコレートプリンのマンゴーソース添え。($12)
e0081080_79987.gif


【まとめ】
経験豊かなサーバーの気さくな対応と美味しすぎる料理に会話が弾みます。ちなみにいつもこの3人で集まるとIT談義やwebビジネス話に花が咲きます。きっとこれからもこんな感じで集まるんだろーなーって思いながら楽しい時間を過ごしました。

最高の一時というか...美味しい料理って本当に人を笑顔にしてくれます&最高の雰囲気を作り出してくれますね!って事を改めてこのレストランに教えて貰いました!(>ε<)...You made my day!

お会計は3人で余裕の$300オーバーでヒョエー!!ヾ(-д-;)…でしたが、今まで一緒にバカやってくれてありがとう!とチナマコ氏が全てご馳走してくれました!汗。本当にありがとう&ごめんね!

お返しという訳ではないけど、オイラも独身生活最後の夜が来た暁には、今まで独身生活を彩ってくれた大切な男友達をここに連れてきてご馳走したいなって思いました。Anyway, チナマコ氏、本当にご馳走様でした。友情は永遠って事で。これからも宜しくです♪

最後にバンクーバーに遊びに来た際にはオイラが是非ココに!!、、、と言いたい所ですが、そんな事を皆にしてあげるのはちょっとさすがに無理なので、このレビューを参考にしてお世話になっている大切な方との特別な記念日などに是非訪れてみて下さいね!!(>ε<)

(注)メインデッシュのお皿は料理の温度に合わせて、基本もの凄く熱くなってますので、自分の額をお皿の端に乗せて遊ぶなどの迷惑行為は絶対にお止め下さい。ヾ(-д-;)...ヒリヒリッ!汗。
[PR]

by tamateboxgold | 2012-03-29 09:07 | カナダ生活 (2009.3〜)

「東日本大震災から1年...」と「同僚のマシューの話」

1年前の2011年3月11日に発生した東日本大震災におきまして、被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、犠牲になられた方々と、ご遺族の皆様には、深くお悔やみ申し上げます。

一年前のあの日、、、僕は仕事から帰宅後、仮眠をして夜中23時頃に目を覚まし何げにテレビを付けると、、、見た事のある地元の景色の惨状が映し出されていました。CNN、CBC、BBC、、、海外のどのチャンネルをひねっても、日本の大地震を速報していました。

インターネットの動画、twitterなどで日本の情報を集めながら、殆ど眠れない夜を過ごし、次の日に会社に行くと同僚の多くが「Hiroの家族は大丈夫か?」と心配してくれました。僕は「残念な事に地震が起こったのは自分の地元で、まだ家族と連絡が取れないんだよ」と言うと、すぐに副社長が飛んできて、「家族と連絡が取れるまで会社を休んでいいので、今すぐ家に帰りなさい」と。

僕はさすがに片付けたい仕事も引き継ぎも残っていたので、その日は一応、夕方まで日本のNHKをモニターに写しながら仕事をしてました。(余談ですが、地震発生後、カナダのTV局はカナダに住む日本人に向けて、普段なら有料の日本のNHKチャンネルを無料開放していました。)

そしてその日の夜から東京に居る友人達とtwitterやメール、スカイプなどで地元の友人の安否確認が始まりました。会社には「家族の安否が気になるので有給を使って休ませて下さい」と伝えると、「いいから。有給も何も気にするな」と返事を頂ました。

不安ながらもインターネットで情報を集めて、友人と情報交換する毎日。「誰々と電話が繋がった!誰々も無事だって」。、、、逆に「誰々は駄目だったって」、、、時には悲しいニュースも。一番連絡を取り合っていた同級生の親友は東京に出張中に被災し、実家に残した奥さんと子供と連絡が取れない、、、という極限状態でした。


結局、僕が家族と連絡が付いたのは、震災発生から6日目の朝。仙台市内に住んでる兄貴がガソリンが少ない中、実家まで父、母、ばあちゃん、猫2匹を車で迎えに行って、やっと電気やネット回線が復旧し、スカイプ電話で連絡をくれた。

バリバリのビジネスパーソンだった兄貴は今の自分よりも若い29才の頃には仙台市中心部にでっかい二世帯住宅を購入していた。「親父とお袋に何かあったら、いつでも面倒見るためにこんなデカい家を仙台に買ったんだよ。だからヒロは心配しないで海外で頑張ってこい!」と僕を送り出してくれた兄のさっそくの有言実行、、、。兄貴マジでカッコイイよ、と思いながらも自分は海外から何も出来ない事が、本当に歯がゆくて情けなかった。。。


ここで、皆様にも聞いて欲しいお話を一つ。

地震発生から3-4ヶ月くらい経ったある日、会社の人達から、同僚のマシューというアメリカ生まれのカナダ人が有給休暇を使って、日本の東北地方にボランティアに行っていたと聞かされました。すぐに本人に確認すると「うん、そうだよ。日本は過去に3度、東京、京都、広島と行ってとても好きな国だからね。今年の長期休暇は家族でアジアのどこかに旅行に行こうと思ってたけど、日本であんな事が起きたので、絶対に日本に行って家族でボランティアに行こうと決めたんだよ」と。

凄いなっ、て思ったのが、会社に日本人の俺が居るのに、日本にボランティアに行く事など一切話していなかった事。なので他の社員に聞くまで全く知らなかった。この人は言葉よりも行動で語ってるな、と感心してしまいました。

これがそのマシュー、Matt Beckettさんの東北地方でボランティアした時の写真アルバム。
https://plus.google.com/photos/116745896097225272958/albums/5657311467937085633?banner=pwa&authkey=CKWrlbCH2PHyRA

この話にはまだ続きがあって、去年の10月に日本に一時帰国した時にその話を東京の友達にしたんです。その友達は東京からボランティアに行きたいとずーっと思っていたけど、なかなか時間が取れずにまだ行けずにいたとの事。でもそのマシューさんの話を聞いて、僕と会ったその週の週末にさっそくボランティアに参加していたそうです。

それもボランティアに行ったなど後から言われなかったので最近になって偶然気づいたんです。行動が全てを物語ってますよね。こういう行動に出れる人って一言で言うと、、、何かあった時に本当に"頼れる"なって人。きっとこの様な話は日本中であったんだろうけど、自分はこの出来事で、

「人間は善意で繋がっていけるんだな。」

と強く感じる事が出来ました。その他にも当然、世界中から届く日本への義援金、サポート、世界中のセレブリティー、アーティストなどから届く支援、チャリティーイベント、twitterなどで情報を共有する人達、真実を訴える学者、天皇皇后両陛下。世界中の人が善意の目を日本に向けて、日本は日本の中で善意で繋がり、一つになっていった気がします。


海外のTVに写し出される日本人の映像を見て思った事。世界中の人達が震災後の日本のモラルやマナーの高さに驚いていましたが、僕が特に感じた印象はあんな大変な状況の中で、炊き出しやお店に列を作って並ぶ方々、東京で帰宅難民になりながらも歩いて帰宅する方々の背筋がとてもピーンとしていて、凄く"気品"がありました。

凄いです、日本人。 - 自分ももっと背中を真っ直ぐに伸ばして生きて行かなければ、と逆に教られました。

それ以外にも、今回自分としてはやれる範囲の事をしてきたつもりだけど、それはこの地震が地元の東北での出来事だからなのか?と。これがもし他の日本の地域、他の国の出来事だったら、自分は今回と全く同じ行動に出れたのか?どこからが自分の故郷(HOME)で、そうじゃないかの境なのか?...そんな新たな疑問も沸きました。

オバマ大統領が震災後に日本に向けたメッセージ。

When you see what's happening in Japan, you are reminded that for all our differences in culture or language or religion, that ultimately humanity is one,
(今、日本で起こっている出来事を貴方が見た時に、きっと思い起こされるでしょう。文化や言語、宗教が違くても究極的には人類は一つである、という事を。)


被災地の皆様の安全と健康、そして被災地の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

e0081080_13225693.gif


*写真は宮城県角田市の畑と田んぼに咲く一輪の花、ピンクの屋根に薄ブルーの壁という配色がどーみても"のび太君の家"にしか見えない我が実家です。故郷(HOME)という事で、掲載させて頂きました。
[PR]

by tamateboxgold | 2012-03-11 13:27 | カナダ生活 (2009.3〜)

「バンクーバーのグルメリポート -オフィスランチ編 vol.2-」

どうも。心にすきま風が入ってきそうなので、いくら外が寒くても絶対に「寒い!」とは言わない事でおなじみのTAMATEBOXです!(>ε<)…で、本当に寒い時に「寒い?」って聞かれたらどうするか?その時は「わ、わかんねー!」って答えてます。 ...認めたくないんです!汗。

今週のブログは久しぶりのグルメレポートです♩オイラのオフィスランチの様子は前回の「バンクーバーでの素敵なランチ」でも紹介した通り、週3回は食いしん坊の同僚達と外に食べに行ってます。で、悩みの種は行きたいお店がだんだんエスカレートして平気で片道20分はかかる遠い所に食べに行き、全然一時間で帰ってこれなくなってる事。その内、「明日ランチ行く人はパスポート持参で!」とか言いそうな勢い!と前回はお話してました!笑。

しかし最近は少し落ち着いて、オフィスのあるコールハーバー周辺でランチを楽しんでいます。コールハーバーの眺めは最高でこんな感じです。写真はこのページから拝借してきました。

e0081080_16553794.jpg


まず代表的なお店はMill Marine Bistro & Bar。通称ミルです。地面から噴水が吹き出してキッズ達が遊んでる広場の前のお店と言えばピーンと来る方も多いのではないでしょうか。
この辺のお店は基本、景色が良いのでお値段はお高いですね!笑。ランチは大体$14-$16前後。これにビールを一杯頼むとチップ込みで$25前後もしちゃいます。(ウチの会社に限らず、カナディアンの会社は一般的に昼休みにビール飲んでも全然OKな雰囲気です。お得意様との大事なミーティングでも午後に控えてない限り。)

このミルは雰囲気がイイんですけど、一つ重大な問題が。それはハンバーガー系を頼んでも一緒にフレンチフライが付いて来ないんです!! ヾ(-д-;)…オイラはサイドメニューがシャレオツなサラダではお腹一杯にならないのです!汗。写真はイチオシの豚肉が溢れんばかりのPulled pork。

e0081080_1656234.jpg


でもこの入り口の看板が面白いので...いつも許してしまいます!笑。(>ε<)

e0081080_16561582.jpg


FREE BEER TOMORROW(明日はビールが無料!)と書かれています。いつ来ても"明日"は無料だそうです!笑。

このミルは会社の送別会や部署混同の大所帯のランチの際によく利用しております。会社の同僚をパシャり♩

e0081080_16562095.jpg


次はウチの会社の隣のビル一階にあるPrestons。ここは海沿いには面していませんが、こちらもこじゃれたお店です。

e0081080_16563277.jpg


バーガー系にはちゃんとフレンチフライが付いてくるので、文句無しで合格ですっ!!(>ε<)…うほうほ♩


では次。オフィスからはちょっと遠いけど、同じペンダー通りの寿司ZERO ONEは新鮮な魚を使った丼モノがアツい日本料理店です。この"サーモンおくら納豆丼"がTAMATEBOXの大のお気に入り!そういえば昔、日本のどっかのコンビニで"ねばねば系(おくら、納豆、とろろ)全部入りざるそば"って置いてませんでしたっけ?アレを彷彿とさせてくれます♩

ここはオイラが労働ビザや移民申請をお願いしている移民弁護士さんのオフィスの近くにあるんです。なので大事な書類そっちのけで大体1-2ヶ月に一度、これを食べに来るのを最高に楽しみにしています!笑。

e0081080_16562238.jpg


では、普段外に食べに行かない時は何を食べているのでしょーか?オフィスの近くに日本食のお弁当屋さんがあったりするので、大抵そこでお持ち帰りしてくるか、近所のフードコートでバターチキンカレーをお持ち帰りしてます。

e0081080_16561184.jpg


インド人は、数字の0の概念を発明した事で有名ですが、それと同じくらいこのバターチキンカレーの発明も評価されるべきだと思います。インドカレー屋さんには沢山の種類のカレーがありますが、この"バターチキン"だけ圧倒的に美味しいと思いませんか?(>ε<)…まー、カロリーも圧倒的に高そうですが!笑。

そして3時のおやつはこのグリークヨーグルト(ギリシャ系ヨーグルト)とブルーベリーです。会社の美人さんに薦められました。どーやらこのグリークヨーグルトは普通のヨーグルトよりも脂肪分が少なく、何かが豊富らしく、よーするに色々な面でイイ感じのヨーグルトらしいです。

e0081080_16561426.jpg


以上、毎月×2、エンゲル係数の針が振り切れんばかりのフーディー玉手がお届けしました!(>ε<)…げっぷ♩
[PR]

by tamateboxgold | 2012-03-08 17:51 | カナダ生活 (2009.3〜)

「ラスベガスの旅の恥は掻き捨て?!」と「What happens in Vegas, stays in Vegas.」

どうも。英語を勉強しようと思った本当の理由は将来、結婚して家族とハワイ旅行に行った時に、嫁さんや子供の前で思いっきりペラペラ喋って格好付けたいだけ!という動機がペラペラなTAMATEBOXです!(>ε<)…国際化の波なんてのは完全に後から取って付けただけ!笑。

今年は世間に勝負に打って出ようと新プロジェクトを秘密裏に立ち上げ、年明けから公私共に忙しい日々を過ごしていたらこのブログを2ヶ月も放置プレーしてました!汗。沢山の友達から「もうブログ辞めちゃったの?」と心配メールを頂きましてですね、、、本当にごめんなさい&ありがとう!これからはどんなに忙しくても"MステのシングルCDヒットランキング"と同じ週一の頻度で更新していこうと思います!

さて、今年の年末年始はベストフレンド(♂)とラスベガス(以下、ベガス)旅行を満喫してきました。ここバンクーバーからラスベガスまでは飛行機でたったの3時間。

しかも今回は全室スイートルームのパラゾ・ホテル(高級ホテル・ベネチアンの隣の系列ホテル)に3泊4日の豪華な旅。ラスベガス空港からタクシーで到着するや否や、圧倒的にカッコイイ外見&ありえない色をしていた僕らのホテル。

e0081080_16154158.gif


部屋の中の内装も圧倒的。

e0081080_16155499.gif


飛行機のトラブルなんかもあり、チェックインした時点で時計は既に夜の9時。カウントダウンまで残り3時間弱。。。

まずは腹ごしらえ(?)という事であのサンドイッチを作った伝説のサンドウイッチ伯爵の子孫が経営してるというEarl of Sandwichへ。プラネットハリウッド・ホテル内にあります♪

e0081080_1615594.gif


大晦日のラスベガスはホテルの中も外も人が多すぎて、ゆっくり座る席も確保出来ず!汗。しかし悪ガキショットも一枚欲しかったので、どーせならと道端でサンドイッチを頬張るTAMATEBOX。ウマ過ぎて、顔が心持ちアントニオ猪木になる。

e0081080_16155936.gif


そうこうしてる内にカウントダウンが近づいてきました。ベラージオ・ホテルの有名な噴水ショーを横目で見ながら、ベネチアン・ホテルの花火ショーを見る為に我らのホテルへ。広場はもう人、ピーポー、peopleで埋め尽くされてます!

e0081080_161606.gif


んでもって、ドーーーーン!! HAPPY NEW YEAR!☆

e0081080_16471146.gif


んでもってカジノでも、ドーーーーン!! ジャックポット!☆

e0081080_17183271.gif


(注)今回カジノでは、ポーカーやブラックジャックなどのテーブル台(ミニマムベットが最低でも$15-25が一般的)に長時間座る軍資金を持ち合わせてなかったので、1セント、25セント、50セント、$1など予算によってダラダラ遊べるスロットマシーンを中心に立ち回ってきました!日本のスロットと同じレートで賭けるなら25セント台の3枚掛け。しかし、海外のスロット台は主に9ライン有効タイプが多く、期待値としてはMAXベットによる、、、(以下略w)


次の日の午前中はメインストリートのストリップ通りを散策。まず目に飛び込んできたのは、エヴァンゲリオンの秘密基地みたいな形をしたグッチとルイ・ヴィトンとプラダが一同に会した建物。

e0081080_18181857.gif


ストリップ通りに面しているホテル達。次に来た時にはどのホテルに泊まろうかなーと考えてるだけでも楽しいです♪以下、TAMATEBOX目線で選んだ4つのホテル。

e0081080_18395919.gif

(左上)ジェットコースターと自由の女神(レプリカ)が魅力的なニューヨーク・ニューヨーク。
(右上)美味しそうなバッフェとビートルズの音楽を使ったシルク・ドゥ・ソレイユのショーが気になるミラージュ。
(右下)窓ガラス100枚分のスペースを使って、世界最高峰のマジシャン・カッパーフィールドをやたらに押すホテル。
(左下)見た目の素朴さがスーパーマリオブラザーズのお城にしか見えないホテル。

ラスベガスは食べ物も最高!名物は各ホテルが力を入れているバッフェ(食べ放題)ですが、その他にも様々なお店がレストランに入っております。別に自分が滞在しているホテルで食事をする必要は無いので、色々なホテルに潜入して食べ歩くのも醍醐味の一つ!

写真はお向かいのホテル・ミラージュ内にあるBLT Burgerのバーガーセット!

e0081080_17124166.gif


調子に乗って、$5もするミルクシェイクもオーダー。値段が$5という事で、高けーよ!と文句言いながらも、飲んでみたらめちゃウマっ!という事で、気分は映画パルプ・フィクションのジョン・トラボルタな気分♪
あ、ちなみにこのシーンっす!笑。→【英語】Pulp Fiction $5 Milkshake 【日本語】パルプ・フィクション $5のシェイク

e0081080_17392037.gif


これは、たまたまトイレを借りに入ったカジノ・ロイヤルホテル内にあった$1.99のホットドック&$2.99のナチョス !

e0081080_17153091.gif


あ、忘れちゃいけません!日本上陸も果たしたフーターズ名物のバッファローウィング!!

e0081080_17463572.gif


で、ちゃっかりフーターズガールとの記念撮影もパシャリ!笑。

e0081080_17491380.gif


ラスベガスには昔から、こんな言葉があります。

"What happens in Vegas, stays in Vegas." (ベガスで起こった出来事は、全てベガスに置いておけ。=ベガスの旅の恥は掻き捨て?!)

2日目以降、どんだけハメを外したのか?いくらギャンブルでスッちゃったのか?、、、全ての出来事はオイラの心の中だけに閉まっておきます!笑。

お後が宜しいようで。。。

e0081080_17515841.gif

[PR]

by tamateboxgold | 2012-02-29 19:07 | カナダ生活 (2009.3〜)

「今年の抱負」は「Like a rolling stone.」

どうも。年賀状の"A HAPPY NEW YEAR"という文字に最初の"A"は付ける必要無いのよ、でお馴染みのTAMATEBOXです♩(>ε<)…HAPPY NEW YEAR!ブログ読者の皆様!!

さて毎年×2、新年一発目のエントリーはちょいと趣向を変えてお届けしております。実は普段は言葉よりも行動で語れる男になろう!のコンセプトの元、このブログ上では敢えて言いたい事や自分の意見を書かずに、行動に起こした事のみを書き記す!をモットーにしております。基本的に頭でっかちで、理屈をこねる性格なので。なので"語る"のは一年に一度のこの"新年の挨拶の回"だけにしているのです。それでは今年も張り切ってどーぞ!笑。

まずは去年(2011年)の抱負&モットーですが、こちらの2つでした。

実るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂かな」 - 稲穂は実れば実る程、穂先が垂れ下がっていきます。人間は年齢を重ね、知識や経験が増える程、驕(おご)らずに謙虚な気持ちを忘れないでいなければという意味です。

吾唯知足(われ ただ 足るを知る)」 - 現状に満足する様にして、身の丈以上の多くを求めない。

このモットーに沿って、2011年は信念を持って過ごせたのか?自己分析をすると必ず"言い訳"が入ります!ヾ(-д-;)…ダダッダッダッダダーン!!自分がイケてたかどうかは全て周りの皆様の判断に委ねる事にします。どーぞ、お手柔らかに!汗。

では、今年(2012年)のモットーはこちら。
Like a rolling stone.(転がる石にコケは生えない)

ボブ・ディランになった気持ちで解説コーナーです!海外生活5年目、カナダ生活も今年で4年目に突入しました。そんな中で最近ずーっと感じているのが、人間は同じ立場や環境に長い間いると良い経験や自信を沢山積めるけど、同時に余計な固定観念や先入観にとらわれやすいのでは?という事。

転がる石には苔(コケ)が生えない、ライク・ア・ローリングストーン、、、つまりコケとは"固定観念"や"先入観"。「日本人だから」「新入社員だから」「イマドキのゆとり世代って」 etc... 経験から来る自信は時に物事をジェネラライズ(一般論化)し過ぎてしまい、本質を見失ってしまう事があります。人様は一人一人個性が違うし、物事は常にケースバイケースです。人様も物事もいつもフラットな目で見る努力を続けていきたいです。

そしてこれは毎年、自分に言い聞かせている事ですが、仕事も日々の勉強も常に"全力"で生きる様にしています。どの位"全力"かというと、一年後に振り返った時に、「もう一回、同じ一年をやれって言われたら精神的にも肉体的にも絶対に無理!ぜぇぜぇ...」という気持ちで!(>ε<)…押忍、完全燃焼っす!

最後にブログでこんな事を言うのもどーかと思いますが、個人的なお財布事情もお話すると、こっちの学校を行く為に日本から借りてきた奨学金の返済が後一年残っています!ヾ(-д-;)…毎月相当な額をカナダドル建てで返済してるんですけど、一向に減ってる気がしないのは、円高のバカー!状態だからです!涙。誰かなんとかして下さい。

それ以外にも現在カナダの永住権を申請中なのですが、殆どの審査が終わったとはいえ、まだ諸経費もなんだかんだと掛かりそうな感じです。なのでお財布的には辛抱の一年になりそうです!汗。

ですが今年も倹約しつつ、たまにはドカーンと派手な事やブログのネタになりそうな事は忘れずにして、このTAMATEBOXの"おだづもっこ"(東北弁でお調子者の意味)なパブリックイメージをますます磨いていきたいと思います♩

それでは皆様、今年もこのブログを宜しくお願い申し上げます。

- 2012年 元旦-
ラスベガスの高級スイートルームの一室より、正真正銘のおだづもっこがお届けしましたw

e0081080_11151512.jpg

[PR]

by tamateboxgold | 2012-01-04 11:54 | カナダ生活 (2009.3〜)

「忘年会でお絵描き大会!」と「アーティスト対サイエンティスト?!」

どうも。こないだ(10月)の日本への一時帰国中に、一度もパチンコ屋に行かなかった自分を本気で褒めてあげたいTAMATEBOXです!(>ε<)…よく海外生活で一番成長した事は?と聞かれますが、間違い無く"英語力"とかそんなんじゃなく、"パチンコから足を洗えた事"だと、ジャンジャンバリバリ思っております。

さてさて、笑いの神が降りていた去年の会社の忘年会(詳しくは過去記事の「シークレットサンタ」と「All eyes on ME!なシチュエーション」を参照♩)に引き続き、今年も忘年会の季節がやってきました。去年の様にビンゴ大会や一気飲み対決的な物を想定して一年間トレーニングを積んできましたが、今年は一風変わった忘年会になりました。

今年の会場はイエールタウンにあるこのRaw Campus。パッと見は普通のBarに見えますが、、、、

e0081080_18114289.jpg


な、なんとお店の半分が本格的なキャンバスで絵画を体験出来るアトリエ兼ワインBarでした!!(>ε<)…え!!

e0081080_1812401.jpg


よく見ると壁一面に過去の優秀作なのか、スタッフの書いた絵なのか力作が沢山♩

e0081080_1813216.jpg


まずは社員全員でちょっとわざとらしいペンキだらけのツナギに着替えます。その後クジを引いて、アーティストとサイエンティストが二名一組のペアになって絵を完成させます♩

自己申告ですが、主にwebデザイナーや紙媒体の人はアーティスト、プログラマーや会計士はサイエンティスト的な感じで♩(>ε<)…こっちは文系・理系では無くて、理系の対極がアーティスト(美術部)なのが面白い。でも右脳、左脳でいうと理に適ってますね。

e0081080_18132826.jpg


それではオイラが独断と偏見で選ぶ優秀作品を見ていきましょう。こちらの4作品です。(アーティストではなく、サイエンティストで絵が超上手い人がいたりの大番狂わせもあって面白かったです!!)

e0081080_19104023.jpg

(左上)右半分はカナダ出身、左半分はケニア出身の人が書いた不思議なサンタクロース。
(右上)キャノン好きな人とニコン好きな人のカメラ大好きっぷりが伝わってくる作品。中央のカメラはどっちのメーカーでしょうか?
(右下)下は船、真ん中は魚(鳥)のボディー、上が人の顔と異なった画力の3人が書き合わせた超力作!!
(左下)日本人には一瞬何か分からないかも?よーく見るとぼんやりとジーザス(イエス・キリスト)がタバコを吸っています。こっちの人は昔からジーザスを書く習慣があるのかなー?!って考えさせられた逸品。

そしてアイディア賞は、、、、こちら。

e0081080_18345769.jpg


まさかの"社長"の肖像画。そうセサミ(ゴマ)を擦ってきたかと!笑。

さてさて、オイラは普段パソコンでしか絵を描かないので、この布地に絵の具で描くのは凄く新鮮で楽しかったです。(そして超難しかった!汗。)で、なぜかドラえもんを描いてしまっていました!笑。

e0081080_18165858.jpg


意外だったのは香港出身の人に、「あれ?それドラえもんじゃん?たしか"絵描き歌"も無かったっけ?どうせなら歌いながら描いてよ?」とツッコまれた事!ヾ(-д-;)…恐るべし、ドラえもんの影響力!!!

このBarにはステージもあり、会社でバンドやってる人達が生演奏をしてくれたり、毎度毎度の社長の爆笑スピーチを楽しんだりで、真夜中までの踊りまくりの飲みまくりの楽しい一時になりました。

e0081080_1842396.jpg


Note to self(メモメモ):こっちでは泥酔の人間が1人でも居るとタクシーに乗車拒否されちゃいます。実は最後まで飲んでた4人のウチの1人が千鳥足状態だったので何度タクシーを捕まえても逃げられ、結局全員で歩いて帰りました。まー、車汚されたら商売にならないので当たり前でしょうけど!

それに比べると、日本のタクシーは優しいなーと思った15の夜でした。ヾ(-д-;)…あ、この15は日付の15日です。
[PR]

by tamateboxgold | 2011-12-29 20:02 | カナダ生活 (2009.3〜)