「BLUE WATER CAFE」と「英単語クーイズ!!」

どうも。一度に茹でるパスタの量を300gから250gに減らすダイエットを始めたStill大食漢のTAMATEBOXです!!ヾ(-д-;)

話が少し前後しますが、今日はオイラが学生時代にずーっとアルバイトをしていたレストランのお話です。今では、海外のIT会社に勤務してて〜と大層な事を言えてますが、間違いなくオイラのカナダ留学の最初の一年間の生活費を支えてくれたこのお店の話をせずに今の自分は語れないと思いまして。(給料はすべて学費の返済に充ててたので、チップで生計を立ててました!笑。)

バンクーバーの高級レストラン街・イエールタウンの一角にあるこのBLUE WATER CAFE。毎年の様にバンクーバーのベストレストランに選出されるバンクーバーでは知らない人がいない高級シーフードの有名店です。(ちなみに去年もシーフード部門で堂々の第一位でした。)水槽にいつもロブスターが泳いでます!!(>ε<)

ドイツ人でフランスのミシュラン・スタード・レストランを渡り歩いた有名シェフ・Frank Pabstさんが勤めるお店で、彼はよくカナダの料理番組に審査員として出演してるプチタレント兼料理研究家です。(2008年、2010度のChef of the yearを始め、数々の賞に輝いております。)

ミーハーで権威に弱いオイラはまず、Frankさんと写真をパシャリ!!
e0081080_19361926.jpg



そしてこのFrankさんは何冊ものレシピ本も出版しております。バイトを辞める際に、記念にこの最新の
BLUE WATER CAFEのレシピ本を購入♩

e0081080_395124.jpg


もちろん、直筆のサインもゲットしました♩(>ε<)…お魚のイラストがカワイイ!!

e0081080_19364560.jpg



平日、週末を問わず常時200人〜300人の予約客で埋まる忙しい職場でしたが、周りの皆が本当に面白くてイイ人達ばっかりで、辛かったけど楽しい思い出ばっかりでした。

e0081080_1937958.jpg



ずーっと一緒に働いてたDish Pitの仲間達。(左からフレンチカナディアンのジェフ、カナディアンでリーダーのジョニー、ドイツ人のトビー)

e0081080_1937213.jpg



みんな最高にテンションが高くて、いつも「Coming through! Watch out!! I've got a scoop!!(どけどけー、(アイスをすくう)スクープ持ってるから危ないぞー!!)」とかジョークで言い合ってたのが懐かしいです!笑。

e0081080_19373842.jpg



オイラは日本人でメガネ、しかもロン毛という事で、NYの有名日本人シェフの森本氏に似てると言われ、ずーっと「Morimoto」のニックネームで呼ばれ、ツカミはOKな一年間でした!笑。

ちなみにこの人が本物のNYの森本氏です。ちょっとドン小西さんにも似てますね。

e0081080_19425321.jpg




高級シーフード店なので、特設のSushiカウンターには日本人の職人さん達が働いていましたが、キッチンは全員外国人で日本人はかなりの期間、オイラ一人だけでした。英語の上達は勿論でしたが、おそらく海外のレストランで働かない限り、知らなかったであろう英単語を沢山知る事が出来ました。今日はせっかくなので、クイズ形式で皆さんに出題したいと思います♩

Q1: このお醤油やケチャップを入れたりする様な小さな容器は?

e0081080_19384035.jpg



A: Ramekin (ラミキン)


Q2: ナイフやフォークの総称は?

e0081080_19385830.jpg



A: Cutlery (カトラリー) (発音難しいです。カ(ド)リーに近いかな?カットする物って意味でしょうか。)


Q3: 細かくきった野菜なんかを入れておくこの容器は?

e0081080_19392055.jpg



A: Insert (インサート) (別にContainer(コンテイナー)で良い気がしますが!笑。スペルはこのInsertで合ってるか分かりませんが、皆こう呼んでました。)


Q4: デザート職人をフランス語ではパティシエ、では英語では?

e0081080_19394246.jpg



A: Pastry (ペイストリー) (英語は色々な歴史があって、食事、食卓の単語はかなりフランス語から来ております。でも、このペイストリーに関しては、こちらではあまりパティシエとは言わずにペイストリー一本ですね。)


これらは、Specific term(専門用語)なので、全問正解出来た人はマジで凄いです。尊敬しまっす!!(>ε<)


最後に、、、今でこそ英語環境の職場で問題無く働けておりますが、今の会社に入る時の面接の態度や立ち居振る舞いを難なくこなせたのも、すべてこのレストランでの英語環境での経験があったからだと思います。「給料が一日少ないよ!!」とか「有給使いたいんだけど〜」などの普段の何気ない英語での交渉が今では凄く役に立っております!笑。

まー、レストランで働く上で一日数十回は使う必須ワードの「Behind you!(後ろ居ます!)」や「Behind! hot!!(後ろ熱いの持ってるよ!!)」までは、今はもうあまり使う機会はありませんが!ヾ(-д-;)

閉店後にうっすらとオイラの大好きなBreak beat(ブレイク・ビーツ)が流れる素敵なお店でした。動画でもこの雰囲気を味わってくれたら嬉しいです!!(>ε<)
e0081080_19225021.jpg



役に立ったと思ったらクリックおねげーしやす♩
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

参加中のブログ村ランキング

[PR]

by tamateboxgold | 2011-01-20 19:13 | カナダ生活 (2009.3〜)

<< 「今度はカナダのCMに出演しま... 「今年の抱負」は「実るほど頭を... >>