「フィジー留学のススメ」と「恋と英語を勉強したいすべての人へ」

どうも。最近"ハニートラップ"という言葉にやけに興奮する、、、政府高官では無く一般庶民のTAMATEBOXですヾ(-д-;)

カナダに来る前に語学留学してたフィジーの学校ブログでオイラが記事に取り上げられてました。どーやら先月カナダのTVでインタビューに答えた動画をフィジーのスタッフが見てくれたみたい。
照れるので、オイラの事を好きな人だけこっそり読んで下さい!笑。

こちらから。
☆Free Bird School Blog☆
e0081080_6414360.jpg


今日はフィジー留学のお話。オイラのブログはフィジーの会社ともリンクしていて、留学前の生徒さんも沢山読んでくれてるので。
南太平洋に浮かぶ南国ビーチリゾートの楽園フィジー。ラグビー好きなフィジー人とカレー好きなインド人が半分ずつ暮らすココナッツとマンゴーが溢れる英語圏の小さな島々です。
e0081080_8431522.jpg


オイラが選んだ理由はズバリ、コストパフォーマンス!笑。発展途上国のフィジーに学校を作る事によってコストを大幅にカット、当時、学校代とホームステイ代(3食込み)で一年間で100万円を切ってた位。これは先進国のオーストラリア、ニュージーランド、カナダ留学と比べると価格は半分〜1/3程度。なぜならそれらの国だと家賃と食費で年間100万超えるし、語学学校に通うと月1000ドルは最低でもかかるでしょう。

というのも、この学校を運営しているサウスパシフィックフリーバードという会社が「一億総留学時代」という理念を掲げているから。

お金持ちやボンボンが親の金で欧米留学してた頃とは違い、自分のお金でキャリアアップを求める庶民が多いこのご時世。今まで経済的に留学を諦めていたそういった人達にも、留学の機会を提供しようという発想から生まれたこのフィジープログラム。噂によるとここの社長、フィジーにたまたま旅行に行って、ひょんな事から大臣の家にホームステイしてる時に、この留学プランを思いつき、起業したそう。
、、、天才だと思います。

英語はいかにお金を掛けないで、話せる様になるかがある意味COOL!です。オイラはこの留学に行く前は、これまた格安のフィリピンのオンライン英会話を一年半、日本で毎日受講してました。こちらもおススメ。当時webカメラを使ったレッスン料が一時間500円以下。大事なのは毎日英語を話す事。これが白人相手の大手英会話学校だと一時間1500円〜2500円は最低でも必要。毎日通えません。今はこのオンライン英会話も競争過多になって、もっと価格崩壊してます。気になる方は「フィリピン オンライン英会話」でググってちょ。

話は戻って、フィジーの魅力はなんと行ってもその温暖な気候と大自然!平日は学校+ホストファミリー先で英語を勉強して、週末は友達とリゾート旅行♩が一般的な生徒の過ごし方。フィジーのリゾートは一つの離島に一つのホテルが基本。つまりどのホテルも数十人の宿泊客のみの貸し切り気分。

ビーチは最高。エメラルドグリーンの海の目の前に備えられたプール。贅沢過ぎ!笑。
e0081080_6424128.jpg




山も最高。ジャングルの奥地にある隠れ家的バックパッカー。
e0081080_6424844.jpg


(写真は元フィジー現地学校サポートオフィスのマネージャーYASUさんのブログ・フィジー留学/Be Positive&Action!!@南太平洋フィジーからお借りました)

そして一番の醍醐味はフィジーマジックと呼ばれる留学生同士のあいのり的な恋愛模様!笑。ある意味、"一夏の恋"ですな。(ちなみにフィジーは一年中夏です!笑)でも、男女グループで毎週末こんなリゾートに出掛けてたら、誰かに何か起きないワケがない!笑。モテたいエネルギーは人間の活力源、出会いは人生の宝探しです。

でも、、、安いには理由があるんじゃない?って不安な人の為に、気になるポイントを整理。

1、英語が訛ってないか?
2、学校の質は?生徒の割合は?
3、フィジーの治安は?
4、ご飯が合わないんじゃ?


1、英語が訛ってないか?
フィジアンは母国語も話すので、訛ってると感じる人もいるでしょう。でもこの人達も英語が出来ないと将来良い仕事に就けないのは一緒。TVやラジオの放送、新聞はすべて英語で小さい頃から育ってきたバイリンガル。学校の先生はもちろん文法的にもキチンとした英語を話します。
というか英語が訛ってるというのは何を?誰を基準にしているのか?って考え方次第だと思う。カナダに来て思うのはこっちには色んな国の人が居て誰と話しても癖や特徴はあるし、英語が出来ない日本人がジャッジするのは失礼な話だと思う。英会話を始めた段階で大事なのは、とにかくスピーキングする機会を増やす事。フィジー(留学一カ国目)とはそういう場所です。

2、学校の質は?生徒の割合は?
日本人は多いです。頑張ってロシア系とか増やしてるみたいだけど。で、学校では日本語(母国語)禁止。3回話すと強制帰国。地味にこの意識改革は大きい。というか現実は世界中のどこのESL(語学学校)に行っても生徒の殆どは日本人、アジア人ばかりです。ネイティブスピーカーと席を並べるのが目的なら英語をマスターして海外の大学、短大、専門学校に一日でも早く進学しましょうー♩(>ε<)

3、フィジーの治安は?
日本ほど治安が良い国は世界のどこに行ってもありません。発展途上国で金持ちだと思われてる日本人が外を歩くという危険性は大あれ小あれどの国でも一緒。気になる人は外務省の海外安全情報を調べて、フィジーがどの国々と同じ程度の治安なのか調べてみましょう。

4、ご飯が合わないんじゃ?
フィジアンの家でごちそうになった家庭料理、街角のチャイニーズ料理が今まで海外で食べた中で一番ウマかった。つまりその国の発展ぶりと飯のウマさはまったく比例しない。アジア料理とかどれもウマいもんね。で、一般的にホームステイ先では、フィジアンの家庭ならタロ、キャッサバと呼ばれるイモ類+野菜炒め。インド人の家庭ならカレーって感じです。


まだ留学経験が無い人に言いたい事は、海外で日本人が通える学校で完璧な環境なんて世界中どこにも存在しないという事。。カナダでも「あの学校はここがダメー、あっちの学校はここがダメー」と文句言ってる人は多い。そういう人はきっとJTBの豪華海外ツアーでも文句言うクレイマー体質なんだと思う。オイラ的には、海外でこの価格でこの内容なら十分お釣りが来るレベル。
海外で生活する上で一番大事なのは、楽しみは与えられる物じゃなくて、自分で見つけるってスタンスを持つ事。受け身じゃダメ。フィジーは日本に比べて最低限の物しかない。だから便利さや色々な価値観を再発見する事が出来る。

個人的にフィジーに行って一番良かったのは、英語を勉強したい!って同じ志を持った英語学習者に沢山出会えた事。そういう仲間とは今だに英語でメールしたり、違う国で頑張ってたりと刺激し合える関係。

英語を勉強してる人って実は周りに少ないでしょ?みんな言わないだけかもだけど。だから、貴方が日本で英語学習者ならすでにルー大柴みたいに自然と浮いてるんですよ!笑。
例えば「Are you ready?」「abso-fucking-lutely」「お、それsex and the cityのMr, Bigの口癖?」「元ネタはMetallicaの歌詞じゃない?」なんて会話が出来る友達が貴方には必要!笑。

映画監督、世界一周旅行中の夫婦、元ヤンの敏腕車屋社長、日本語ペラペラ中国人、ボンボンのバングラデッシュ青年、コッテコテのB-boy系パキスタン人などなどキャラ性強い生徒が沢山いたなー。個人的には大阪の同い年ブレイクダンサーのインパクトが凄かったなー。。

そういう人達と一緒に勉強してたら、本業の英語も絶対にはかどりますよ。オイラは留学前のTOEICは650点、フィジー帰国前の最後の模試では200点近くアップしてました。
カナダで生活してもう2年経つけど、、、2年前より点数がどうなっていることやら!汗。TOEICの勉強はしんどいので、カナダを離れる日が来るまでもう受けませんが!ヾ(-д-;)

ちなみに現地のサポートスタッフもイイ人(変わり者?)ばっかりで、世界80カ国を旅したフリーライターや、イギリスで日本語教師やってた楽器ばっかり弾いてる人、日本語ペラペラの笑顔が素敵な韓国人などなど、、、こちらもキャラが濃い人達ばっかり!笑。


これからフィジー留学に行く人にアドバイスさせて貰うなら、行くまでに少しでも勉強をしておく事。それぞれ事情はあっても、フィジーに着いてから勉強のスイッチ入れるのは遅い、もったいない。肝心なのはスタートダッシュ。初日のクラス分けで一つでも上のクラスからスタート出来る様にして、より英語力と意識が高い人達との環境に身を置くのがベストっす。

そしてハリウッドセレブ御用達のフィジーウォーターをがぶ飲みして、南太平洋のビーチでココナッツオイル塗りまくってきて下さい♩(>ε<)、、、何はともあれ、皆さんの留学の成功を祈っております。


ブログ更新しないと容赦なく順位下がるもんすねー!汗。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

参加中のブログ村ランキング

[PR]

by tamateboxgold | 2010-10-18 06:45 | フィジー生活 (2008.1~)

<< 「今、人生に悩んでる人へ」と「... 「幼なじみがケンコバさんと?!... >>