「ケベック人が母乳と一緒に食べる物とは?」と「料理への情熱」

どうも。最近、相手がイスラム諸国出身の人と分かると、会話中に「Open Sesame!!(開け、ゴマ!!)」という単語をどこかで使いたくってしょうがない無駄なアピールに精を出すアリババと40人のTAMATEBOXですヾ(-д-;)

今日は食べ物のお話♩まずは、NYの有名シェフが世界中の料理を食べ歩く『No Reservations』という人気番組のケベック編の一コマをご覧下さい。(0秒〜2分10秒辺りまで)



これは、Poutine(プティーン)というカナダ東部・ケベックで生まれたカナダの伝統料理。フライドポテトと押し固める前のチェダーチーズの粒にグレービーソース(サンクスギビングデーのターキーにかけるソース)でいただきます。ちなみにケベックっ子は小さい時から母親の母乳とこのプティーンを食べて育つらしいです!笑。とにかくこのチーズがプリップリしてて、今までに食べた事の無い触感です♩(>ε<)

3年前にディスカバリーチャンネルでこの放送を見て、将来カナダに行ったら本場のプティーンを食べまくってやろうと意気込んでいたのに、最近まですっかりその事を忘れて生活してました!汗。
偶然この動画を見つけて以来、プティーン熱がまた熱くなってきたのですが、ここはカナダ西部のバンクーバー!汗。ファーストフード感覚のプティーンは沢山ありますが、本場チックなのはどこにあるのか見当もつかず。そんな悩みをプチ親友のモントリオール出身でフレンチカナディアンのジェフに打ち明けたら、キムタク主演のドラマ「HERO」に出てくるバーテンダー並みの低くて渋い声で、

、、、あるよ。

と言って連れて行ってくれました。

それがこのDavie×ButeストリートにあるLa Belle Patate。
e0081080_15411965.jpg


店内はこんな感じで、壁にはケベックの車のナンバープレートが飾ってあったりとってもオシャレ。
e0081080_15413938.jpg


そして待ちにまった本場のプティーンをいただく。ジェフいわく、『ここはケベックから来た奴らが作ってるから、間違いないよ!!』との事。
e0081080_1542526.jpg



うーむ、たしかに。間違いなく美味しい。というか週2ペースで通ってます!笑。

が、、、一概に本場じゃないと美味しくないとも言い切れないのが、ここバンクーバーの魅力。実は、この街は観光業の発展とカナディアンの外食好きが高じてか、世界でも有数のファーストフードがしのぎを削る都市だそうです。くだけて言うなら、「ちょっとマジで、色んな国のファーストフードのレベルめっちゃ高いんだけどー!!」って感じです。

オイラも会社で一番聞かれるのが、「日本人目線で言って、どこのジャパニーズレストランが一番美味しい??」って質問。みんな情報収集の目がマジです。

と、ここで不思議な事に気付いた。例えばオイラがずーっとイチオシしてた同じDavieストリートにあるサムライってお寿司屋さんは、、、実はオーナーはベトナム人だって言うし、
e0081080_1544716.jpg



日本人が経営しているDenmanストリートにある金太郎ラーメンでは、日本人の留学生もさることながら、独特の味付けがチャイニーズのファミリー層に大ウケしているそうです。
e0081080_15445876.jpg

料理への情熱はその人のバックグランドも超えるという好例ですね♩(>ε<)

そんなこんなでオイラの最近のマイブームは、近所のピザ屋やなんかのTake outメニューを集めてきて部屋の壁に貼って、一人でニヤニヤしている事です♩(>ε<)…うしし♩
e0081080_154384.jpg


押せるのか!? オイっ!!(猪木風)
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

参加中のブログ村ランキング

[PR]

by tamateboxgold | 2010-10-01 15:47 | カナダ生活 (2009.3〜)

<< 「イケメンのサッカー元日本代表... 「Inception(インセプ... >>